技術部の壺の中 – Vol. 125 [キックレスでゴー]

最先端家電に対しても、日本国の法律が優先される。その法律の上ですべての製品が作られるが、時に製品ありきで、国の法律が作られるときもある。三輪車の規定は、またぐ形式の場合、ハンドルはT型。タイヤが4つ有る場合は、丸いハンドルじゃないといけないらしい・・・。意味わかんないけど、現物合わせだ。

記事を読む

株式会社識学コラボ~仕事ができる人とは?ニー株に人が集まる理由とは?⑦

当社に人が集まる理由を語り合いました。

記事を読む

地震がやってくる

東京FMで最近、稲村ジェーンをよく聞く。湘南のビックウェーブの映画だ。って、完全版は無くて、50分程度カットして上映されたと聞いた事がある。デレクターカットでBDとかDVDが出れば良いのだけど、VTR以外は販売されていない。なぜだろう。そう言う伝説のビックウェーブが来そうな、今年の神奈川の夏だ。

記事を読む

[だらだらしたいのに・・・] 識学とのコラボ vol.10

ニー株コラボでは、スピードについての説明は無かった気がするけど、最後の講義を欠席して聴いていないから、その時なのかな。企業ではレスのスピードを問われる。スピード重視で上司との確認作業で時間を費やし、疲れた人種だから、スローライフで行きたい所だけど、あらかじめ持っている知識を伝えるだけなら、そもそも即答なんだけど・・・。

記事を読む

[コラボでの補足] 識学とのコラボ vol.9

識学コラボの中には、良い言葉がたくさんある。その中には、「もうけを考えないで始めましょう」とか、「サラリーマンを演じる」とか、思いつかない言葉もある。うーん。目からうろこだ!!! ・・・・いや、コンタクトが外れただけだった。最近、目、乾くね。

記事を読む

[学んで、周囲をみると] 識学とのコラボ vol.8

『識学』に触れて、『識学脳』で見ると、いろいろとおかしな事が多い。ドラマの中の言葉が、ダメなサラリーマンの言動にしか見えない。識学の浸食か。領域浸食なのか。・・・物事って、一方側から見たら正しく見えるけど、裏から見たら違うって事も多い。

記事を読む

株式会社識学コラボ~ルールを決めるのは誰?なぜ決める必要がある?⑥

ルールを決めるのは誰か?ということを語り合いました。

記事を読む

[最後のポイントについて] 識学とのコラボ vol.7

コラボ動画も中盤なんだけど、プログはひとまず一区切り。中間でまとめておきます。良かったかといえば、かなり良かった。ためになりました。

記事を読む

[コミュニケーションについて] 識学とのコラボ vol.6

コミュニケーションは会社というより、人同士のつながり。人間生活の基本じゃん・・・とはいえ、その内容を分解されるとかなり厳しい。タダ話すのではなく、相手の興味のあることを話せ・・・・。おじさんの「飲みにケーション」全否定じゃん。大体、好き勝手に話すよ・・・おじさんは。・・・聞く人がいなくても。おじさんは悲しい。

記事を読む

[上司について] 識学とのコラボ vol.5

部下は上司を選べない。上司は部下を育てることが出来ない。今時の会社はそうかもしれない。だって、上司にステップアップする講習とか、無いから。大きな会社はある。以前、主任になるときに、主任教育ってのを受けて、指導法や決められたカリキュラムを取らないと主任試験を受けれなかった。自動車の免許みたいだけど、役職には必要な課題だったと思う。まずは良い上司にならないと。

記事を読む

スポンサーリンク