オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#8

前回 「やべぇ、宿題忘れた。(誰か見せてくれないかなぁ)」 今日も僕は学校に来ていた。 「すまん、遥人。数学の宿題見せてく...

記事を読む

NO IMAGE

僕の魂をください

「いつから僕は意識があるんだろう。」 そんなどうでも良い事に思いをはせる。 暗く乾いたような空間にいるのだろうか涼しいような気も...

記事を読む

他者不在の人

今まで何人か関係を切ってきた人たちに共通するのは所謂自分しか見えてない人だった。 自分しか見えてない人は、人の事を分かった振りをしてい...

記事を読む

オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#7

前回 母さんが目を覚まさなくなってもう三年が経った。 僕が中二の時、母さんは事故に遭ったのだ。 「母さん。もう帰るね」 ...

記事を読む

深読み

どうも。こないだ自分の左の耳たぶに、ピアス跡に見間違えられそうなホクロがあるのに気づいて、戦慄を覚えましたyuです。いや~~~~~付けないっ...

記事を読む

樫の女王誕生オークス

優秀牝馬予想 とちゃ先生 13番1着固定の1.2.3.5.6.11.12.17の各100円(調教より ゆうさん がんばればけ...

記事を読む

オリジナル小説なんか書くもんか。

オリジナル小説なんて書くもんか。オリジナル小説なんて書くもんか。オリジナル小説なんて書くもんか。オリジナル小説なんて書くもんか。オリジナル小説なんて書くもんか。オリジナル小説なんて書くもんか。オリジナル小説なんて書くもんか。オリジナル小説なんて書くもんか。

記事を読む

オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#6

前回 僕は病院に入っていた。 「母さん。今日も来ちゃったよ」 「……。(……)」 「今日さぁ、学校でテストがあったん...

記事を読む

NO IMAGE

運命よそこをどけ、俺が通る

「限りなく続く「0」の先にある「1」を探しているんだ。」 3人の男たちは私を見るなりいきなり話しかけてきた。 聞いてもいないのに勝手...

記事を読む

ニートがクラウドソーシングに登録するの巻

ついにNEET株式会社もクラウドソーシングに登録することとなりました。 はてさて、仕事は来るのでしょうか。 クラウドテック ...

記事を読む

スポンサーリンク