ニートリノ哲学上の少子化問題

少子化と言われる線上に見えるバブル期と高度経済成長の闇。ニートが少子化を考えるととてつもなく、辛く悲しい闇を感じる。バブル期の陰で、孤独に耐える人達がいたかもしれない悲しみ。公害は忘れた頃にやってくる。

記事を読む

宇宙世紀の軌跡 -8 – ツインギャン盾仕様

「よいもの」として名高い[ギャン盾]。それを2個も惜しげ無く使いました。相変わらず、前方の守りは薄い。手長エビの様な手では、何も持てないし、そもそも形状が貧弱だ。

記事を読む

宙世紀の軌跡 -7 – 攻撃は最大の防御・・・

ハロ、ベアアッカイ。同僚はいろんなバリエーションをだし、うまくやってる。ボールは、ボールのまま。でも、webではいろんなボールがカスタマイズされていた。なんがすごすぎて出遅れた感じ。

記事を読む

技術部の壺の中 — Vol. 108 [モーターショーで、黒がさえる]

時代の革新は、いろんな分野があるけれど、地味で輝かしい革新はLEDの表示だ。電車の案内表示など、古くから使われていた。半永久だと言われたLEDは、1年経過すると割と消えている。昔の赤は長持ちだけど、今は白でしかも紫外線LEDに蛍光フィルムの構成。エネルギーレベルは高い。

記事を読む

ニート・ショート・ストーリー 2

最近、ブログのバリエーションが少ない。だって書いている人が少なくなって、それぞれの個人の特色を前面に出すと、一色に染まってしまう。だからたまには変化球も必要かな。と言うか、一人で何してるんだろう・・・・。

記事を読む

宇宙世紀の軌跡 -6 – 先輩達の軌跡・・・

最近は、いろんなプチガンプラが売られている。中でも躍進しているのは、ハロだ。年末には、ザクレロのハロが売られるらしいし、カスタマイズされまくっている。でも不思議と原型ロボットのハロは発売されていない。

記事を読む

宇宙世紀の軌跡5 – ボール、同僚を見る!!

ボールは、機動戦士としての力量が不足している。不安になったボールは缶変える。『他の同僚はうまく出来ているのだろうか』ニュータイプの時代の宇宙世紀でも、周囲の状況は自然に感じることは出来ない。

記事を読む

宇宙世紀の軌跡 4 – ボール、機動戦士になる

ボールを作ってみたが、根本的な弱点に気がつく。手の位置(アーム)が、ミジンコのそれじゃないか。ミジンコをメカにしてボールを作ったのか??

記事を読む

宇宙世紀の軌跡-3 – おのれを知れ

ボールを作ってみたけど、ちっさい。ちっさいと言ってもHGモデルは全部同一縮尺。同一縮尺なので、HGモデルの世界のスケール感で楽しむことが出来る。で、何が小さいって、人が小さすぎる。MSってとってもデカいんですね。台場のUCガンダムは、小さく見えるけど・・・。

記事を読む

宇宙世紀の軌跡-2 – ボール立つ

プラモといえば、ガンプラ。ガンプラも進化している。足なんて飾りなんです。と、いっても、お座りできる構造だと飾り以上の存在になる。二重関節 ハンパない。その一方で、まともな関節を持たないMSも存在する。ボールだ。アームの関節は、単純なつなぎで心は複雑だ。

記事を読む

スポンサーリンク