こころ一覧

冬に歩く人たち

血がつながっていてもケンカするのは、動物の縄張り争いの本能? でも、だいたいは子供をかわいがるし、親はずっと子供だと思い続ける。子供の方の反応は微妙だ。だってみている方向は、未来を見ている。親が子供の過去のかわいい時を思い出すこととは、全く逆なのだから。

記事を読む

ニートが思う地球(たま)の気持ち– 平成は倒錯の時代

平成は、31年。結構長い。過去歴代4番目になる予定らしい。30年たつと人の気持ちも大きく変わる。今年は新人類だのスマホ人類だの言葉を変えて何かと変化を表現したがる人たちもいるけれど、そんな変化は意味が無い。むしろ未だにそんなことを続けている人たちの意識に驚く。

記事を読む

むき、ふむき

春が来て、絶望と再生の時を迎える。なぜ絶望なのかって? 暖かくなって、また新しいときが始まるのに、去年と何も変わらず、今年がみえてしまうから。でも、変わらず前を見て歩く。後ろには進めないし、後ろ向きにも進めないから、仕方が無い。

記事を読む

やきそばの唄

久しぶりに見た「ホンコン焼きそば」は、よく見たらチキンラーメンみたいに茶色だった。子供がつくる半分以上がフライパンにくっつくホンコン焼きそばも、子供たちははがしながら、駄菓子代わりに食べた。春なのに、なんだか小さな秋っぽい。

記事を読む

恐怖と対峙する恐怖

うめが咲き出した。今年は梅酒でも作ろうか。 お金はないけれど、時間が見える生活をしたい。 春が近づくことを感じるけれど、その進み方をデジタル的なイベントとしての 変化で感じるのは、なぜだろう。

記事を読む

メタセコイア

老木だなぁって思っていたら、なんと切られてしまうらしい。なんて偶然。そのままいつまでもあると思っていたのに。夏はセミがボコボコ出てくるのだけれども、セミも餓死してしまうのだろうか。先端には新しい葉も出てきたというのに。なんだかむなしい感じがする。

記事を読む

生き方を教えてよ – vol. 00 [終わりから始まりへ]

短く11編。 会社の性格らしく、現代社会の意識の気持ちに、短く目を向けたい。 生命の命の連鎖。それは、進むべきなのだろうか、とどまるべきなのだろうか。

記事を読む

生き方を教えてよ – vol. -02 [絶望したと思える底には]

短く11編。 会社の性格らしく、現代社会の意識の気持ちに、短く目を向けたい。 絶対的なボーダーラインなんて存在すら解らないのに、みんな定義されているというラインを指し示す。その先に高さ20cmぐらいのリンボーダンスのポールがあっても、くぐらないといけないの??

記事を読む

生き方を教えてよ – vol. -03 [続く未来は、誰も知らない]

短く11編。 会社の性格らしく、現代社会の意識の気持ちに、短く目を向けたい。 日本の先進的な経済が成立するには、2億人はいたほうがよい。税金を集めきれないから。だけど、あと20年もしないうちに人口は半減する。もう、バーチャルアイドルも人口にカウントしてもいいんじゃないかな。お金稼いでるわけだし。

記事を読む

生き方を教えてよ – vol. -04 [正義と宗教]

短く11編。 会社の性格らしく、現代社会の意識の気持ちに、短く目を向けたい。 宗教は多くの人が信じている。無神論者も遅刻しそうなときは、「神様、助けて!!」と思うだろう。決して、国民的な青い猫型ロボットには頼らない。どちらも、いないんだけど。

記事を読む

スポンサーリンク