生き方を教えてよ – vol. -05 [正しいはルールではない]

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。
みのむしクリップ

最新記事 by みのむしクリップ (全て見る)

正しいか、間違っているか。
世の中は常にイチゼロだと思わせながら、みんなは
「それは極論だし、間違っている。」という。
でも、大抵どちらかに区分される。
そして、問題にされることは、だいたい『間違っている』ことだ。

当たり前だろ。
そう言われるけれど、正しいという中が本当に問題が無いのか、
疑問を持つ。
動物の世界だと、利己的な判断がすべて正しい。
人間だって、そこは変わらない。
見た目正しそうなルールに基づいて生きている。
法は正義ではない。
特定のコミュニティーが、快活に生きていくためのルールだ。
だから、正義とは違う。

好きな人が出来て、違う人が好きになった時、無条件で好きに
なった人の元にいけることは正しいと思う。
けれど、元好きだった人に、何を保証するべきなのだろう。
もう好きではないのだから、責任だってないはず。
それは、感情に対して重すぎる。

去られる人はショックが大きいが、別れ話が出た後は、その人が
持つ独占したいというだけの願望に変わってしまう。
この主張は正義なのだろうか。
一方的な欲望なのに。
傷つけられたという損害請求も正しいのだろうか。

法では勿論、NGだ。
それは、日本というコミュニティーのルールだから。
でも、それは、ちっとも快活ではない。

スポンサーリンク