みのむしクリップ一覧

死滅する細胞と存在

常識は変化するものと思われているけれども、普遍と思われていた常識も多分に漏れず変化していく。常識は一定期間の認識を平均化したものだから、その時間的な尺度で時代のずれに合わせてかわる。50年前とは違うけど、昨日との違いは気がつかない。

記事を読む

技術部の壺の中 — Vol. 67 [誤解した日本人達]

昭和なんかとっくに終わっていて、みんなが知っている時代はほとんど平成。そして平成は、過去の日本を大きく変えた時代だと思う。昭和の戦後ほど劇的に変わったわけではないけれど、戦前の混沌として目的を失った状態に近づけている気がする。多くの人が不幸な脱出方法を回答に選んでしまいそうな気運だ。

記事を読む

技術部の壺の中 — Vol. 66 [i-dioの叫び、こっそり3セグ]

地デジ化完了から、今年で8年。アナログ機器も消えていく。そういえばレーザーディスクって、半永久的に使えるんじや無かったの?? 時代とはいつも残酷だ。携帯電話に赤外線がなくなり、電話番号の交換自体がなくなった。あのドキドキ感を返して欲しい。

記事を読む

技術部の壺の中 — Vol. 65 [DNAと新たな幕開け]

生物の進化は、人類の手を経てAIへ繋がる。AIも地球の生成物の進化形態の一つととらえると、地球や宇宙の策略は途方もない欲張りな策略に思えてしまう。見えざる手の存在を感じるし、宇宙全体が最終的に何を作ろうとしているか、気になる。

記事を読む

技術部の壺の中 — Vol. 64 [DNA2の叫び]

生物の話は、人類の手を経てAIへ繋がる。AIも値牛上の生成物の進化形態の一つととらえると、地球や宇宙の策略は途方もない欲張りな策略に思えてしまう。見えざる手の存在を感じるし、宇宙全体が最終的に何を作ろうとしているか、気になる。

記事を読む

技術部の壺の中 — Vol. 63 [DNAの叫び]

ホリエモンが北海道でロケットを打ち上げてから1年近く経つ。彼のチャレンジはすごいと思う。何かをやるという時点でその存在は偉大なんだろう。しかし、月ローバーのHAKUTOには疑問を感じる。月まで行くプロセスが問題だし、月の重力は大きいので、はやぶさ以上の難しさが存在する。

記事を読む

4期のカウントダウンに、当局も渋滞!!

事件発生!! 最近、ちまたではやたら「渋滞」している。王子が渋滞とか、アイドルが渋滞とか、美少女が渋滞とか、ネガティブじゃなくて喜ばしい渋滞。もっと渋滞して!! って、黄色い声援がはじける。でも、ニートが渋滞してると、「ここは職安ですか?」そう聞かれてしまうのだろうか。

記事を読む

旅するニート – [東京] 皇居周辺

初めてネットに書いたのは、ニセアカシアについてだった。その「にせ」って言う言葉が、偽物だとしても、そこに存在していることに何が違うのかと思った様な内容。木や枝は、先祖のルーツを想像させるが、人の家系や過程は誰かのコピーで「にせ」だとも言える。

記事を読む

会社の中で筋トレを叫ぶ – Vol. 12 [人生急がず、ゆっくり]

生きてるだけで、つかれるね。ITで人間が本来行う以上のコミュニケーションをしている人は、そう思うかもしれない。それって、常に脳トレの状態だから疲れるのだろうと思う。脳を休ませて、筋肉を鍛えよう。だって、脳だけで生活するのは、まだ時代が早いから。

記事を読む

4期、勇者の受付は明日まで。

梅雨がはじまる前には、防災の準備もした方がいい。保存食、医薬品のストック、印鑑、免許類、予備の衣類、そしてニー株4期の応募。そろえておけば、取りあえず大丈夫。災害があっても強い心で生きていける。「世の中の風あたり」という災害から。

記事を読む

スポンサーリンク