エックスサーバーが日本国内最速サーバーとなりました

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部部長、IT業務部部長 etc...



ついにエックスサーバーが国内最速のサーバーとなりました。

確かにあたし、大昔に普及帯のレンタルサーバーの業者をしており

確かに最先端のCPUとか過去には見られない各種サービスを提供してきましたが

さすがにもうここまでなると叶わないものと考えられます。

これでもはやいと思いきや、更に早い!

1サーバー当たり推定されるものです。

  • CPUに国内最強CPUであるAMD EPYCシリーズ(2CPU 48コア96スレッド)
    おそらく2.0GHz~3.0GHz
  • L2キャッシュ 512kb×48 L3キャッシュ 128MB (2CPU時)
  • メモリ 512GB DDR4-2666
  • SSDですら遅かったのでオールNVMe RAID10

CPUだけで言えば従来の1.5倍、メモリだけで言えば速度はあまりかわりないものの、キャッシュ効率で言えば従来の3倍以上、ストレージは4倍以上の速度で動作しています。

もちろん、従来通り1サーバーあたり10Gbitの接続をしています。

いち早く体験してみませんか?

申し込みはこちらから

なお、nginxを使用しているとありますが、実態はApacheの上にnginxのリバースプロクシを実装しているに過ぎないので、Apache の .htaccess を利用しつつ、nginxによるマルチスレッド転送効率を有効に活用できます。

※なおこのブログは1世代前のエックスサーバーで動作しています。

スポンサーリンク