【悲報】非SSLサイトはもう信頼されなくなった – アンケート結果よりわかったこと

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部部長、IT業務部部長 etc...

安全ではありません

Webサイトのアドレスバーに

安全ではありません」「保護されていない通信

が表示されてからの、実際のユーザーの行動について、アンケート集計をとってみました。

実際にインターネットリサーチで一般消費者に対し100名の方にお伺いしました。

※安全ではありませんは、Apple Safari で表示されます。
※保護されていない通信は、それ以外の多くのブラウザで表示されます。

質問内容

検索結果、もしくはリンク元サイトから
初めて訪れるサイトで
いきなり

「安全ではありません」
「保護されていない通信」

とアドレスバーで警告されたら、
あなたはどうしますか?

アンケート方法

回答方法記述式回答よりテキストマイニング
回答年齢層20代~60代
男性回答数57名
女性回答数43名
合計回答数100名

ポジティブ意見

そのまま使用する、気にしません6名
その他2名
合計8名

中立意見

どうしても必要でない限り、別のページに移る4名
信頼できるサイトであれば無視するが、初めてのサイトであれば閲覧を控えます2名
合計6名

ネガティブ意見

見るのをやめる、消します。ページを閉じます。40名
閲覧しません、使いません17名
すぐにネットを終わらせます11名
そこから先には進みません5名
すぐに見るのをやめて、ブラウザの履歴を削除します5名
警告が出たら即閉じます3名
怖いので見るのをやめます。消します2名
URLを確認しますがサイトは見ません1名
その他2名
合計86名

この結果は想定以上にひどいです!

アドレスバーに「安全ではありません」「保護されていない通信」と表示されるだけで、
ユーザーがサイトから確実に離脱してしまう率は、86%にも上がりました。

私がリサーチ前の想定ネガティブ回答数の50%強よりも遥かに上回っています。

今すぐHTTPS (SSL)対策を行なわないと、ユーザーが離脱してしまいます。

企業向けでサーバーを利用されている方は、今すぐシマンテックSSLサーバー証明書を取得して、サーバーにSSL証明書を設定して、サイトを安全化するようにしましょう。


しかし、そこまでお金がかけられないのであれば

無料SSLに対応しているサーバーがお薦めです。

エックスサーバーであれば、サーバー費用料金だけで、無料SSLに対応することができます。


全インターネットユーザーの86%から、サイトから離脱されないように、今すSSLもしくは無料SSLを設定しましょう。

参考記事

スポンサーリンク

コメント

  1. アバター みか より:

    私も最近アイフォンを使ってて、最近安全ではないサイトと言われることが多くあり、怖く感じます。
    どうして安全でないのか調べたのですが、私の知識ではわからず
    ホームページ側の設定だったのですね。

  2. アバター あちこ より:

    インターネットで怖いサイトが増えてきましたね。
    特にニュースサイトが安全でないと言われると、不信感を抱くようになりました。
    もうそのようなニュースサイトやゲームサイトには怖くてアクセスしません。
    安全にインターネットを利用したいものです。