オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#36

The following two tabs change content below.
アバター

tonn

初めまして、NEET株式会社取締役tonnです。 僕もブログが書きたい!という事で時々、約三~十行小説を書くことにしました。(書いてほしい行数をコメントして頂ければその分次がんばります!) 何分シロートなので稚拙な文章しか書けませんが暖かい目で、気軽に読んでいただけると嬉しいです。 (; ・`д・´)

前回

「(俺はもう駄目だ。野球も失った。親友も失った。もう生きてる理由も見当たらない。なら洋一の所に行くのも……)」

「いち」

もう時間がない。

このままだと大地は飛び降りる。

何かに意識をそらして正気に戻さないと。

「大地! 洋一は助かっ――」

その時、僕の声をかき消す様に屋上の出入り口が開いた。

『大地。何下ばっかり見てるんだ』

「洋一?(何で……ここに?)」

「ぜろ」

#36

だが、それは洋一ではなく、数学の先生、須藤だった。

「『大地。何下ばっかり見てるんだ』 危ないぞ!(こんな遅くに何してるんだ?)」

大地は目をこすり、見直したがやはり洋一ではなかった。

「先生……。(今のは何だったのだろう? 確かに洋一の声だった。幻聴?)」

「いいから早くこっちに来なさい。(たく、たまたま屋上を見たら大地がいたから驚いたわ)」

大地は柵の内側に転がり込んだ。

つづく

2018/ 5/19 13:57

スポンサーリンク