オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#37

The following two tabs change content below.
アバター

tonn

初めまして、NEET株式会社取締役tonnです。 僕もブログが書きたい!という事で時々、約三~十行小説を書くことにしました。(書いてほしい行数をコメントして頂ければその分次がんばります!) 何分シロートなので稚拙な文章しか書けませんが暖かい目で、気軽に読んでいただけると嬉しいです。 (; ・`д・´)

前回

だが、それは洋一ではなく、数学の先生、須藤だった。

「『大地。何下ばっかり見てるんだ』 危ないぞ!(こんな遅くに何してるんだ?)」

大地は目をこすり、見直したがやはり洋一ではなかった。

「先生……。(今のは何だったのだろう? 確かに洋一の声だった。幻聴?)」

「いいから早くこっちに来なさい。(たく、たまたま屋上を見たら大地がいたから驚いたわ)」

大地は柵の内側に転がり込んだ。

#37

「ジートゥ。お前が何かしたのか?」

「アハハハ。オレは何にも」

「なぜ悪魔にならない?」

フィレンチェも友達にいきなり水をぶっかけられた様な顔をした。

「そう言えば、洋一が誰かに刺されて意識不明の重体らしいぞ。俺はこれから病院に行くがお前たちも気を付けろよ(こんな事している場合じゃない。急がないと)」

「なるほど。死んでなかったのか」

フィレンチェは一人笑みをこぼす。

「俺も連れてってください(このままだと俺がやった事がバレてしまう)」

「構わないが親御さんにはちゃんと連絡しておくんだぞ。(仕方ない。大地は洋一と仲が良かったからな)」

つづく

2018/ 5/20 14:03

スポンサーリンク