真に記事を読んでもらう方法 – SEO対策の時代は終わった

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部部長、IT業務部部長 etc...

Web記事とは

なんだかんだ言って、Web記事は詳細に長文で書かれているほうのが、googleのSEOとしては良いのですが・・・

これを実際に調査すると(インターネットリサーチ100名において)

約68人の人が、長文は離脱する!見たくない!というご意見が多く、
かつ、学校での国語の成績が中以上の方に顕著にみられます。

SEO対策しても、継続して記事を見てもらえないのはそれなんです。

うちのカレーサイトにおいては

なんだか長いリストがあるものの、実際の記事は短文と点数と原材料とかしか書いていません。

一部長文もありますが

短文のほうのが日本人にとって忙しい日本人にとって読みやすいのは確かに事実です。

できるだけ簡単に書き、最後はパターン的に単刀直入に「冷やして食べておいしいか」とかだけに重視をしています。

SEO対策の上でやっている無駄な例

意味もなく長文化して、余計な事を説明している例が非常に多いのです。

例えば https について、を長文化して書こうとすると

歴史とかhttpsの重要性とか、あんまり意味のない記事が多い記事がgoogleでヒットしやすいというおかしな現実があります。

このような文書は長文化せず、別ページで説明したほうがよいでしょう。

SEO対策の為に画像が必要とかいって、無駄に文字を単に画像化しているサイトもあるほどです

今の時代はWeb記事は単刀直入に短文で書くべき!

無駄に文字数コストをかけるよりも、書いた本人でも秒速でわかるぐらいな

短文、かつ、単刀直入な記事にすべきです。

かつ、無駄な画像もいれないべきです。

具体的な文字数は?

SEO対策においては2000文字以上といわれていた時代もありますが、

本当に見てもらえる文字数は200~300文字ぐらい程度と感じられます。

これ以上の文字数となると、かなりの率でWebサイトから離脱され、今後来なくなる可能性=お気に入りに登録されない可能性がありまs。

スポンサーリンク