AMD Ryzen7 3700X Eco Modeベンチマーク速報

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部部長、IT業務部部長 etc...

コスパが良すぎるCPUとして、人気沸騰中です。

といっても、発売から結構時期がたってしまいましたが。。。。

ためしにベンチマークをとってみました。

※特別記載のない限り、すべてECO Modeです。

システム環境

  • CPU Ryzen7 3700X (定格ECOMODE TDP45W) dospara新品
  • メモリ KLEVV BOLTX KD4AGU880-32A160U DDR4-3200 amazon新品
  • マザー Asrock X570 Phantom Gaming 4 amazon新品
  • GPU Geforce GTX960 OC ヤフオク中古 使いまわし (PCI-E Gen3 x16)
  • Intel PT Gigabit Network Adapter (Dualport) (PCI-E Gen1 x4)
  • NvNE Crucial P2 CT500P2SSD8JP (Gen3 x4 500G) dospara新品 NTFS
  • SSD Sumsing 840EVO 128G (予備SSD Sumsing 830EVO 128G) 不明新品 使いまわし NTFS
  • HDD WD250HHTZ 10000rpm 250G×2 RAID0 SATA3 ヤフオク中古 使いまわし ReFS
  • HDD WD3000HLFS 10000rpm 300G×4 RAID0 SATA3 使いまわし ヤフオク中古 ReFS
  • HDD 適当な日立の1THDD ヤフオク中古 SATA2 使いまわし NTFS
  • 光学 日立のHDDと置き換えながら BD/HD-DVD RWドライブ 使いまわし 不明新品
  • Dospara DP-9153 RAIDBOX USB3 WD Red 3T×3 RAID5 使いまわし dospara新品 USB3.0 NTFS
  • Bufferlo DT-H55U2W (Win8.1までしか対応していないがなぜか動く) 使いまわし 楽天新品
  • USB SoundBlaster Digital Music Premium HD 使いまわしヤフオク中古
  • PlanexのBluetooth4.0 USBアダプタ 使いまわし amazon新品
  • 電源 玄人志向〔展示品〕 KRPW-PT800W/92+ REV2.0 (ビックカメラで展示したのをソフマップが回収)楽天中古
  • 1920 x 1080 フルHDLED点灯ディスプレイ
  • 東テク Realforce 89S 10th記念商品 PS/2 30g ※中古
  • Microsoft Bluetooth Mobile Mouse 3600
  • LAN経由でI-O DATA 地デジ/BS/CS Wチューナー GV-NTX2とその外付けHDD 4T
  • Microsoft Bluetooth Mobile Mouse 3600
  • USB3.0 ハブ (使用・不使用スイッチ付き)

※Hyper-V仮想マシンが合計6台動作していますが、計測時はほぼアイドルです。やってるとしてTwitter自動投稿のみで、負荷かかったとしても1%以下です。

※Geforce Expresnse が入っていますが、最適化を行っていません。

※ちなみに、上記新品の一部は緊急事態宣言発令中に購入しています。
緊急事態宣言の配下の中で安い商品が見つかりづらくなっているため、このような構成になっています。

マザーボードのUEFI-BIOSでの設定

対して買えてないと思います。

変えた項目は以下の項目のみです。

  • Flashメモリ経由でBIOSを最新版にアップデート
  • XMP2を読み込んでDDR4-3200
  • CPU Overclocking メニューの中にあるECO Mode に関するもののみ
  • RAIDモードにする (※NvNEについてはRAIDを設定していません)
  • RAIDボリュームの設定(シンプルボリューム並びにRAID0)
  • 強制電源ON設定
  • 明らかに不要なSerialport、サウンドの無効化(別途SoundBlasterがあるためです)
  • その他たくさんの回数のBOOTデバイスの変更

Cinebench (64bit)

PCMark 10 (64bit)

3DMark 10 (64bit)

super π (32bit 1thread)

本来、当時πの最高記録が出たよ、ということで制作された記念ソフトです。
しかし、実際の実行時間が表示されることから、ベンチマークとしても使えます。

※古いベンチマークソフトです。ご参考までに
※なんか他の計算結果が消えてしまうバグがあるようなので、最大桁数の3355万桁のみ計算

y-cruncher (64bit)

コンピュータの高速化に伴って、更に桁数の多い結局円周率の計算をするプログラムです。

すべての仮想マシンを停止し、22.9GB確保して行っています。

1thread

All thread

Crystal Mark 2004 R7 (32bit 最大4core)

※古いベンチマークソフトです。ご参考までに

CrystalMark 2004R7 [0.9.200.452] (C) 2001-2017 hiyohiyo
Crystal Dew World
[ http://crystalmark.info/ ]

CrystalMark739608
ALU273281
Fibonacci95918
Napierian42870
Eratosthenes56836
QuickSort77635
FPU171411
MikoFPU26624
RandMeanSS61899
FFT61186
Mandelbrot21680
MEM121656
Read35873.76 MB/s (35873)
Write17243.83 MB/s (17243)
Read/Write17315.14 MB/s (17315)
Cache512037.14 MB/s (51203)
HDD94434
Read2859.14 MB/s (19795)
Write2314.84 MB/s (17074)
RandomRead512K2552.37 MB/s (18261)
RandomWrite512K2093.97 MB/s (15969)
RandomRead 64K1251.79 MB/s (11758)
RandomWrite 64K1215.52 MB/s (11577)
GDI18582
Text10181
Square927
Circle3298
BitBlt4176
D2D22810
Sprite 10641.47 FPS (64)
Sprite 100596.04 FPS (596)
Sprite 500457.81 FPS (2289)
Sprite 1000366.25 FPS (3662)
Sprite 5000150.27 FPS (7513)
Sprite 1000086.86 FPS (8686)
OGL37434
Scene 119310
Lines (x1000)(4063989)
Scene 2 CPU(512)
Scene 2 Score18124
Polygons (x1000)(1274218)
Scene 2 CPU(512)

System Information
OSWindows 10 Pro [10.0 Build 19041]
Display Mode1920 x 1080 32bit 60Hz
Memory32699 MB
BIOS
Vendor
Caption
Version
Date
SM BIOS
Caption
Version
Mother
Vendor
Product
Version
Computer System
Vendor
Product
CPU Information
CPU NameAMD Unknown CPU
Vendor StringAuthenticAMD
Name StringAMD Ryzen 7 3700X 8-Core Processor
CPU TypeOriginal OEM processor
Number(Logical)16
FamilyF
FamilyEx08
GenerationF
Model1
Stepping0
APIC00
FeatureMMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 SSE4.1 SSE4.2 SSE4A MMX+ NX AMD64
Clock3599.99 MHz
CPUID Detail Information
0x00000000 : EAX=0x0000000D EBX=0x68747541 ECX=0x444D4163 EDX=0x69746E65
0x00000001 : EAX=0x00870F10 EBX=0x07100800 ECX=0xFED83203 EDX=0x178BFBFF
0x00000002 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x00000003 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x00000004 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x00000005 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x00000006 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000001 EDX=0x00000000
0x00000007 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x00000008 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x00000009 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x0000000A : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x0000000B : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x0000000C : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x0000000D : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000000 : EAX=0x8000001E EBX=0x68747541 ECX=0x444D4163 EDX=0x69746E65
0x80000001 : EAX=0x00870F10 EBX=0x20000000 ECX=0x004023F3 EDX=0x2FD3FBFF
0x80000002 : EAX=0x20444D41 EBX=0x657A7952 ECX=0x2037206E EDX=0x30303733
0x80000003 : EAX=0x2D382058 EBX=0x65726F43 ECX=0x6F725020 EDX=0x73736563
0x80000004 : EAX=0x2020726F EBX=0x20202020 ECX=0x20202020 EDX=0x00202020
0x80000005 : EAX=0xFF40FF40 EBX=0xFF40FF40 ECX=0x20080140 EDX=0x20080140
0x80000006 : EAX=0x48006400 EBX=0x68006400 ECX=0x02006140 EDX=0x01009140
0x80000007 : EAX=0x00000000 EBX=0x0000001B ECX=0x00000000 EDX=0x00000789
0x80000008 : EAX=0x00003030 EBX=0x02009005 ECX=0x0000700F EDX=0x00000000
0x80000009 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000000A : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000000B : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000000C : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000000D : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000000E : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000000F : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000010 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000011 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000012 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000013 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000014 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000015 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000016 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000017 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000018 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x80000019 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000001A : EAX=0x00000002 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000001B : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000001C : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000001D : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
0x8000001E : EAX=0x00000007 EBX=0x00000103 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
Device
ChipSetAMD Unknown
NorthAMD Unknown
SouthAMD Unknown
IDE Controller
Graphics
VideoNVIDIA Unknown
Video Product
Video Vendor
Video Chip
Video RAM
Driver Version
Driver Date
PCI Device List
NoBusDevFncVendorDeviceRevSubSystemClassDeviceType
00001022h1480h00h18491480h060000hHost Bridge
10101022h1482h00h00000000h060000hHost Bridge
20111022h1483h00h10221453h060400hPCI to PCI Bridge
30121022h1483h00h10221453h060400hPCI to PCI Bridge
40201022h1482h00h00000000h060000hHost Bridge
50301022h1482h00h00000000h060000hHost Bridge
60311022h1483h00h10221453h060400hPCI to PCI Bridge
70401022h1482h00h00000000h060000hHost Bridge
80501022h1482h00h00000000h060000hHost Bridge
90701022h1482h00h00000000h060000hHost Bridge
100711022h1484h00h10221484h060400hPCI to PCI Bridge
110801022h1482h00h00000000h060000hHost Bridge
120811022h1484h00h10221484h060400hPCI to PCI Bridge
130821022h1484h00h10221484h060400hPCI to PCI Bridge
140831022h1484h00h10221484h060400hPCI to PCI Bridge
1502001022h790Bh61h1849FFFFh0C0500hSMBus Contoller
1602031022h790Eh51h1849FFFFh060100hISA Bridge
1702401022h1440h00h00000000h060000hHost Bridge
1802411022h1441h00h00000000h060000hHost Bridge
1902421022h1442h00h00000000h060000hHost Bridge
2002431022h1443h00h00000000h060000hHost Bridge
2102441022h1444h00h00000000h060000hHost Bridge
2202451022h1445h00h00000000h060000hHost Bridge
2302461022h1446h00h00000000h060000hHost Bridge
2402471022h1447h00h00000000h060000hHost Bridge
25100C0A9h540Ah01hC0A9540Ah010802h
262001022h57ADh00h00000000h060400hPCI to PCI Bridge
273201022h57A3h00h10221453h060400hPCI to PCI Bridge
283601022h57A3h00h10221453h060400hPCI to PCI Bridge
293801022h57A4h00h10221484h060400hPCI to PCI Bridge
303901022h57A4h00h10221484h060400hPCI to PCI Bridge
3131001022h57A4h00h10221484h060400hPCI to PCI Bridge
324008086h105Eh06h8086135Eh020000hEthernet Controller
334018086h105Eh06h8086135Eh020000hEthernet Controller
345008086h1539h03h18491539h020000hEthernet Controller
356001022h1485h00h10221485h130000h
366011022h149Ch00h10221486h0C0330h
376031022h149Ch00h1022148Ch0C0330h
387001022h7916h51h10227901h010400hRAID Controller
398001022h7916h51h10227901h010400hRAID Controller
4090010DEh1401hA1h10DE116Fh030000hVGA Compatible Controller
4190110DEh0FBAhA1h10DE116Fh040300hHigh-Definition Audio Device
4210001022h148Ah00h1022148Ah130000h
4311001022h1485h00h10221485h130000h
4411011022h1486h00h10221486h108000hOther Encode/Decode Contoller
4511031022h149Ch00h1849FFFFh0C0330h
4612001022h7901h51h1849FFFFh010601hSerial ATA Controller
4713001022h7901h51h1849FFFFh010601hSerial ATA Controller
NoDeviceName
0AMD Unknown
1AMD Unknown
2AMD Unknown
3AMD Unknown
4AMD Unknown
5AMD Unknown
6AMD Unknown
7AMD Unknown
8AMD Unknown
9AMD Unknown
10AMD Unknown
11AMD Unknown
12AMD Unknown
13AMD Unknown
14AMD Unknown
15AMD Unknown
16AMD Unknown
17AMD Unknown
18AMD Unknown
19AMD Unknown
20AMD Unknown
21AMD Unknown
22AMD Unknown
23AMD Unknown
24AMD Unknown
25Micron/Crucial Technology Unknown
26AMD Unknown
27AMD Unknown
28AMD Unknown
29AMD Unknown
30AMD Unknown
31AMD Unknown
32Intel 82571EB Gigabit Ethernet Controller
33Intel 82571EB Gigabit Ethernet Controller
34Intel Unknown
35AMD Unknown
36AMD Unknown
37AMD Unknown
38AMD Unknown
39AMD Unknown
40NVIDIA Unknown
41NVIDIA Unknown
42AMD Unknown
43AMD Unknown
44AMD Unknown
45AMD Unknown
46AMD Unknown
47AMD Unknown
HDD
TypeSizeModelBufferMode

7zip (64bit)

オープンソフトの中では最も高圧縮の圧縮ソフトです。

その中にあるおまけのベンチマークで、使用中の仮想マシン(16G占有)を停止したにも関わらず、辞書サイズは最大128Mまででした。

1 Thread 32M

All Thread 32M

1 Thread 128M

ALL Thread 128M

ストレージのベンチマーク (CrystalDiskMark 7.0 64bit)

M2 SSD Crucial P2 CT500P2SSD8JP (PCIe3x4 M.2 500GB) NTFS ※新品

単にセールしててそこそこ安価だったので買ったものです。

もともとは既存のSSDにインストール予定でした

一応起動ドライブなのですが、あんまり積極的には使いたくありません。

容量も過剰に空いています。

ただプログラム入れるとしたら、容量過剰に余っているので、ここになるでしょう。

Sumsing 840 EVO 128G SATA3 NTFS  (※そこそこ使ったもので初期化済)

一応SSDなのにSSDらしい使い方をしていません。

NTFSにしか対応していないOneDrive とその他バックアップデータが入っているのみです。

どっちかっていえば、予備です。

WD2500HHTZ 10000rpm 250G HDD SATA3 RAID0×2 ReFS

単体であれば後述するWD3000HLFSより少し高速なんですが

SSDが出る前、SATAのHDDとしては最高峰の10000回転のHDDで、ランダムアクセスに強いです。
(かつてSCSIやSASで15000回転のHDDを使用していました)

まぁ、なんとなくデータドライブです。

WD3000HLFS 10000rpm 300G HDD SATA3 RAID0×4 ReFS

1ドライブあたり上記のWD2500HHTZより少し重いものの、RAID0の並列にして仮想マシンとして使用しています。

10000rpm以上のHDDは非常に信頼性が高く、かつて初期の10000rpm回転のHDDでも10年以上も問題なく動作したという経緯があります。

ランダムアクセスを非常に行われるのですが、カレーサイトのビルドサーバーには
メインメモリを16Gも割り当てて、逐次HDDからRAMDISKにコピーしていますので、
読み取りキャッシュがそこそこ保持されるため、HDDながらも異様な程(RAMDISKとほぼ同等)のアクセス速度を内部では実行されています。

適当な日立製のHDD 1T SATA2 NTFS

大きなデータのバックアップ用です。大きなデータもそこそこ入っています。

DOSPARA DP9135 USB3-RAID5アレイ (中身は WD Red 3T×3 RAID5) NTFS

もっと大きなデータが入っているRAID5アレイです。

memtest86 8.4

これだけはもともとメモリのテストが目的でありますので、Windowsで動かず、
独自のLinuxベースのOSで動いているものです。
その為、バックグラウンドアプリに関して全く影響されないものです。

また、基本的なメモリ速度の計測しかしないので、計測自体はあっという間に終わるのも特徴です。
※ただし本来の目的のメモリテストは相当時間がかかります。

Normal mode (TDP65W)

L1 16 x 64K (247418 MB/s)
L2 16 x 512K (88253 MB/s)
L3 1 x 32768K (24123 MB/s)
Mem 32710M (17064 MB/s)

L1 64K 241.61 GB/s
L2 512K 86.18 GB/s
L3 32768K 23..55 GB/s
Mem 31.9G 16.66 GB/s

Eco Mode (TDP45W)

L1 16 x 64K (236012 MB/s
L2 16 x 512K (87110 MB/s)
L3 1 X 32768K (24087 MB/s)
Mem 32710M (17046 MB/s)

L1 64K 230.48 GB/s
L2 512K 85.06 GB/s
L3 32768K 23.52 GB/s
Mem 31.9G 16.64 GB/s

夏美ベンチ (32bit)

単なる趣味なの

Pure Software TL

\

Pure Hardware TL

FFXV BENCHMARK v1.2

FF9以降やったことないけど、一応・・・

PSO2 BENCHMARK

かつて少しやってたので一応

最後に変な事言いますが、なんでReFsがあるの?

Windows 10 Pro 発売直後のRTM版(初期版)を所持しているので ReFSのボリュームが作成できたのです。

初期版に限って

format drivename: /FS:ReFs

で作れたのです。

ただ、この初期版でRyzen7 を動かしたら、あまりにもフリーズしまくりで、ファイルシステムを作るだけが限界でした。

これ以外のバージョンにもヘルプを見ればReFsが作れる旨が書いてありますが、
実際には作れません。

ついでに言えば

Ryzen 2000番台までとRyzen 3000番台は基本的な設計が同じものの、全くの別物と考えて下さい。

そのために大幅な高速化ができており、
実際にサーバー業者でもIntelよりAMDのが明らか過ぎるほど高速になったおかげで、Ryzen 3000番台のサーバー版のAMD EYPC を採用しているほどです。

スポンサーリンク