宇宙世紀の軌跡 -8 – ツインギャン盾仕様

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

<前回までのあらすじ>
同僚を研究した結果、自分は特殊な存在なんだと、
ボールは気がつく。「この形状こそが力。」
新たな信念で、不足している能力の補強に挑む。


デコレーションキットの名前は、バリアブルポットだ。
縮尺は1/144。HGシリーズと同じ縮尺。
最近のガンダム事情は分からないから、この素性は知らない。
それに、
ニュータイプ(NT)か、ニュータイプじゃない(NTD)か、
モビールスーツも基本これに連動すると思っていた。
ミサイル兵器は、NTD派の武器だと思う。
NT兵器と言えば、サイコミュだし、ビーム兵器。
ボールの素性が不明だけど、1年戦争時に作られたから、
NTD派なんだろうと思う。

それで、ボールの両側にギャン盾を装備すると、
まあ、悪くはないけど・・・・。なんか見た覚えがある。
あれだ、黒いマント男の枢機卿が率いる帝国軍の戦闘機だ。
H型戦闘機、それに似ている。


そう言うとアーマー系ではなく、コアブースター寄りだ。
戦闘機にしか見えない。
機動戦士という、「戦士」さは、どこにもない。
ジム隊長の元で、ボール2つが追従して戦う編成。
それが連邦の戦略ユニット構想。
当然、ボールはジム隊長の援護ですよね。後ろで。

関連ブログ
宇宙世紀の軌跡 – 宇宙世紀の予感
宇宙世紀の軌跡-2 – ボール立つ
宇宙世紀の軌跡-3 – おのれを知れ
宇宙世紀の軌跡 4 – ボール、機動戦士になる
宇宙世紀の軌跡5 – ボール、同僚を見る!!
宇宙世紀の軌跡 -6 – 先輩達の軌跡・・・
宇宙世紀の軌跡 -7 – 攻撃は最大の防御・・・

スポンサーリンク