おぎのや 峠の釜めし 改悪

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部部長、IT業務部部長 etc...

おぎのや 峠の釜めし

また、「あの容器(釜の容器)がほしいな」と思いつつ、

珍しく久しぶりにJRの駅で峠の釜めしを売っていました。。。

あれ、前は上の紙は(捨ててしまいましたが)普通の薄い紙だったのに

厚紙に挟まれて言います。

しかも、その中身は、以下のようなもの

おぎのや 峠の釜めし

ものすごく残念感が感じられました。

・・・中身に入っている可食部は変わらないのですが。。。。

あの、陶器に「おぎのや」と書いてあった丼がよかったのです。

それが、厚紙にリニューアルされてしまったわけです。

まぁ、単に旧信越本線碓氷峠(今はありません)や、上越新幹線をよく利用するのに

峠の釜めしをよく食べるのであれば

はっきりいって陶器の容器はゴミ捨てしずらく、邪魔なものになります。

しかし、うちは考えます。

駅弁は中身だけではなくすべての容器にも価値があると・。。。

まぁ、まだ1080円までしか値上がりしていないおぎのやの峠の釜めしですが、
今後の「駅売店出店」における売り上げが気になる所です。

スポンサーリンク