会社の中で筋トレを叫ぶ – Vol. 12 [人生急がず、ゆっくり]

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

残念なお知らせだけど、皮下脂肪は栄養にはならないらしい。
糖から皮下脂肪になるけれど、皮下脂肪からは皮膚とか
ヒアルロン酸とか繊維のエネルギーにしかならない。
まじですかーーー。貯めたらおしまいじゃないですか。
皮膚って、脱皮するくらい頻繁に更新したりしない。
うーーん、思ったようにいかない。
でも、筋肉組織と筋膜の関係や、脂肪細胞の位置関係は
正しそうだ。
2017年のアメリカの機関で筋膜が新しい臓器だって言っている
記事を発見したりした。やはり、筋膜が「キモ」だったのか!!
とはいえ、これは私的な説だから、
こういう情報に惑わされないように、それぞれが的確に判断して、
それぞれの体質に合わせたカロリー摂取と筋トレを行うことが
必要だ。なぜか。
勿論、それぞれの体質が違うのはあるけれど、ダイエットとかの
話には、理由がなかったりするので、何が正しい正確に分からない。
なぜ説明しないのかも、分からない。
結果、単純にカロリーを減らすとか、過度にトレーニングをしたり
とか、そんな偏りに進んでしまう。
でも、何が必要って、筋トレは必要のようだ。
血液や体液、筋膜の流れを促すほか、筋肉の弱い部分を強化する
目的もある。半月板などは腿の筋力が弱って来ると発生しやすい。
勿論、適正体重に押さえる事が最優先だけど。

例えば、運動ではきちんと呼吸をして運動しなさいとか、
有酸素運動をしなさいとか言われるけれど、有酸素運動は血中の
中性脂肪やLDLコレステロール(肝臓からそれ以外に送られる
コレステロール)が下がると言われているため。
有酸素運動と言っても、呼吸を吸って吐いて・・・ってことでは無く、
かるい呼吸で十分運動が成立する程度の運動。
息苦しくならない程度の運動という意味だ。

そもそも吸収したカロリーはどう処理されるかと言えば、
呼吸の二酸化炭素と水に変化して排出される。
カロリーと言われるほとんどが、呼吸とともに消失している。
過度であっても軽度であっても、最終的に酸素を取り入れて、
カロリーを消費することになる。
でも、有酸素運動と言われていることは、はじめのコレステロールの
意味合いが大きい。
また、血中の栄養の話だから、それほど多くの量はない。
私の場合は、血液が6リットル程度なので、血糖値が10増えると
10mg /100mlから、6000ml /100ml x 10mgで600mgの
糖分があり、カロリーは1g = 4Kcalなので、2.4Kcalの消費で、
血糖値が10下がる事になる。
ラムネのお菓子(ブドウ糖)が、2個で1g、血糖値は15程度上昇。
大量の血液に含まれる糖分は、以外のほか少ない。

10分間歩くと25Kcalなので、
軽い運動で、結構下がるはずだ。
血管の栄養がなくなっても、血糖値を維持しようと、すぐ補充
する人がいるので数値が直接下がるわけではないけれど、
そんなに重度な運動でなくても、カロリーは消費される。
しかも血液の栄養は、肝臓や筋肉から補充されるとはいえ、
一時的に現象しやすいと言うことも分かる。
だから、血液にある栄養分運動したら、休み、血液に栄養が
チャージされてから、また歩くという繰り返しが良いと思う。
だから、軽い運動を30分ぐらい、3回行えば、結構消費する。

また、皮下脂肪を減らすために、自分のカロリーのバランスを
知ることも必要だ。軽い運動で一週間過ごし、体重が増えない
カロリー摂取のポイントを見つける。

この図中の[B]、[C]の段階で、体重の推移がどう動くかを
見極めて、自分を見失わず、食べない。いや、
食べないのではなく、適正カロリー分食べる。
食べ過ぎでも週のバランスが良ければ、問題が無い。
実際私の場合は、1600Kcal以下が適正で、食べて3kg太っても
その程度ならすぐ(1週間の間で)3Kg痩せる。

便秘とか気にする人はいるけれど、便が硬くなると腸に傷を
付けることがあるので、硬い便はさけた方が良いけれど、栄養は
取り込んだ後なので、便には意味が無い。
まして、宿便はあり得ず、ところてんの様に押し出されて
いくので、日々出していかないと大変なことになる。

便秘対策で食物繊維を取る人もいるかもしれないけれど、
菜食主義の日本人が大腸ガンの発生率が西洋人に比べて
高いのは、確実に食物繊維の影響だ。
軟便にしたいなら、西洋風の食事をするべき。
かといって、肉食になる必要も無く、少しだけ豆類とか、
珈琲のカフェイン関係や、油を分解する胆汁を出しやすくする
ウルソ錠などを飲むと、腸内でガスが発生したり、油の影響で
便が出やすくなったり、ちょっとした事でいろんな改善が
見込める。

そう、言いたいことは、急に絶食したり運動したりは
正しいダイエットとはかぎらない。
すこし運動したり、自分に合った適正カロリーの範囲で
食べる事だけで、標準体重に近づくことができるというはなし。
1600Kcalって、以外とあっという間・・・。
ビックマック+ポテトで到達出来る世界。それが1日分。
いかに外食がカロリーの上で、オーバースペックかが分かる。
外食は危険だ。
プロテインで我慢。

また、水をたくさん飲みなさいって聞くけれど、
カロリーを消費するときに水が使われる。この使われた水は、
体外に排出されるので体内で再利用が出来ない。
(呼吸と共に出る水分などを含め。)
そのため、一日のカロリー消費分、水も必要になるという話。
でもさすがに2リットルはないよね。
これも、そんなに気にせず、喉が渇いたら飲む程度で良い。
それでも、1リットルは摂取しているはず。

関連ブログ
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 01 [メタボ – 生活は変わらない]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 02 [糖尿病?? 喉がかわく]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 03 [糖尿病後編 – ここは天国??]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 04 [糖尿病 – インスリンの後に]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 05 [ なんか痩せた気がする!!?? ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 06 [ ダイエットとメタボ対策 ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 07 [ 腸内細菌 ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 08 [ 体の中の過剰な養分]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 09 [僕の脂肪を食べたい]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 10 [筋膜、中はぐちょぐちょ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 11 [軽い運動とハードな刺激]

スポンサーリンク