愛想笑いはしたくねえ!!

The following two tabs change content below.
honeykitty

honeykitty

ニート株式会社取締役ハニーキティです。 占い事業部「ハニーの部屋」運営。 タロット占いを主にしており、占星術も勉強中。 好きなことはダンスと映画、書く事。心と身体について日々研究中です。
honeykitty

最新記事 by honeykitty (全て見る)

昔から自分の輪郭がぼんやりしていたので、小さな頃から人の評価みたいなものが異様に気になっていた。

人がイイネしてくれる自分がいいねなんだ!みたいな現代の病んだSNSかよ!みたいな事を小学校からやっていたんだからそりゃ疲れるわ。

なので友達と遊ぶという普通の事さえ給料が全くでない仕事のように苦痛に感じて、家族に居留守を頼んだりしていたのだ。

中学に入り運動部、音楽、進路など自主的に何かをし始めるようになってからメキメキと自我が芽生え結構生きる事が楽しくなってきた。狂犬みたいな友達ができたのもメカラウロコだったのかもしれない。人は本来自由なのだ。

それからフリーダム人生を歩んできたのだが、幼少体験というのはなかなか根強いものでやはり私はいまだに人目を強く気にして愛想笑いなどをしてしまう事がある。(仕事や普通の人間関係は常識の範囲内でちゃんとしてます。)

例えば二度と会わないようなその場限りの関係でしたくもない愛想なんて振りまいた日にはマジに死にたくなるくらいに自分を嫌いになるし、そうさせた相手を生ゴミのように思ってしまう。

なんで人の評価や感情を気にして私が無理するの??ありえない!!!

と、割とみる人によっては気が狂ってるのかなハニーキティは。と思うような所で悶絶してしまうのだ。

どうでもいい他人>自分の存在の軽さ という公式が成り立ってしまうのがきっと許せないんだろう。幼少時のリハビリなのかもしれない。

人生とは訓練の意味もあるのでわりと早く練習がきた。

移動できない場所で知らない人をガン無視という私の中でかなりきつい訓練だった。はっきり言って自分を殺して相手に合わせたほうが全然楽だった。でもその後の自己嫌悪が耐えられないの。

その相手がムカついたのかきまずかったのか何を思ったのかは判りかねるが、私は頑張ったのだ。どう思われようが構わなかった。自分や状況に負けなかった。偉い!!

自分を一番に考える事って、例え結果がどうであれ絶対に大切だし本当の意味で人と分かり合える心が育つんじゃないかなって思ってる。

(でももう疲れるからこういうシチュエーションは勘弁して欲しいと思う・・)

————————————————————————————————-

今週の高橋かずひろ君の運勢

先週・残念、疲労

現在・中止

今週まとめ・普通の日々

対策・突進せよ🐴

停止からの〜突撃で、普通な感じに戻りそうですね。

スポンサーリンク