2020年の10月の日々

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

最近、ブログを掲載していないけれど、ネタ切れとかでは無くて、首をやらかして、まともに机に座れない感じだった。
精神的にもやんでる感じで・・・。
なんか、楽して生活できる選択肢は無いだろうか。
今週のロト6は当たらなかったし。
ミニロトも当たらなかった。
くじは、買ってはいないんですけどね。
この番号を買おうって予想して、答え合わせをすると、一つもあっていない。
ロト6が一つも合わない確率って、43の中にあらかじめ6個の番号があって、それを6回引いたけど一個も当たらないって確率なのかな。1選択する事に母数が1つ減るけど、面倒くさいので、6/43の確率を6回引く、x6 = 36/43 ??
一個ぐらい当たるだろうって感じのはずだけど。
しかし、当たらない。
それぞれ4パターン選んだんだけど、当たらない。
私が好きな番号は、神が嫌いな番号なんだろう。
ひとつも当たらないとは・・・。
買ってはいけないと、つくづく思う。
まっ、買ってないんだけど、
買ってはいけないって、宝くじを買う希望すら見てはいけないって感じで、
希望が無いことに落ち込む。
大体が当たらないとは言え、
「あたるかも」
って一握りの希望すら、感じられない。
昔の雑誌の裏にあった札束の風呂で、ウハウハって状態なんて、そういう希望すら持てない。
札束の風呂の温浴効果が、何かは知らないけれど。
新札になると、あの写真も刷新されるのかな。
聖徳太子から、福沢諭吉に変わったときも取り直したのだろうか。

[食べる事は変わらない]

イヤそうではなく、こう、もっとポジティブな、
何かをスキに作って、生きていける社会って、ないだろうか。
退廃的な私の精神は、ポジティブ思考だとそう願うわけで。
ロボットを作って見たいと思うぜ。
まあ、とんでもない発言だとは思うけど、
世の中の人は、大なり小なり、みんなそう思っていると思う。
みんなが思う、故に、願いはかなわない。
それは、同じ事を思う人がたくさんいる母数を持った宝くじのようなもので、当たる人はほとんどいない。
だけれども、確実に何人か当たることは知っている。
それで希望を見てしまう。
やばい、スパイラルだ。
・・・考えてはいけない。
そんな思考で、希望がなくなる。

とにかく、そんな感じで、10月は、まともに生きていなかったため、ブログも更新出来ずにいた。
逆に、書きかけが大量にあって、どういう思考で書いていたのか、意味不明な内容も多い。
読み直すと、変な気分だ。
別な人格が、そこにはいる・・・。ホラーか。

ハローウィン前に書いて、それがとっくに終わってしまって、時系列的にももう出せない・・・ってのもある。
多分、アップすると思うけど。リサイクルで。
新人おめでとーって、上げようと思った短編小説も書きかけで放置・・・うまくいかない。もう、半年が過ぎた。
気がついたら、今年もおしまいに。
そういえば、オリンピックって、メダル何個とったんだっけ。
そう言われて、しばらく考え続けてしまいそうになる、振り返っても何も無かった今年の一年間。
そして、それも1ヶ月とあと少し。
完全に、ホラーだ!!!
恐怖だ。
マジかよ。今年も終わりかよ。

いや、待てよ。
アンラッキーな人生だけど、ちょっと視点を変えると、幸福のキューピットに化けるのかもしれない。
私が選ぶ番号が当たらないと言うことは、逆張りすればハッピーが来るって事で、貧乏くじを引くと、残りには幸運が入っている作戦。
そう考えると幸せを呼ぶキューピット自身は不幸なのかもしれないし、貧乏神に取り憑かれて貧乏になる人の貧乏神自体は『チョー絶ハッピー』な状態なのかもしれない。
■11/23 ロト6(ハズレくじ)の予想番号
04, 09, 12, 21, 28, 33
05, 11, 29, 31, 41, 43
01, 09, 13, 21, 29, 32
08, 10, 14, 15, 25, 38

この4本ではどうでしょうか。
皆様にハッピーが届きますように。

スポンサーリンク