会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 13 [コロナウィルス!?]

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

さあ、今年も偏見に満ちた持論を展開しつつ、健康になろう。
(以下、まったくの「個人的思い込み」で進みます)
恒温動物の人間は、体温維持のためにエネルギーを消費する。
体の外についた脂肪は、一度吸収しないと無くならないし、ここにたまった脂肪は体の外の外部倉庫。いくらでも拡張できる反面、必要な時に取り寄せるのが難しい。特に硬くなっている脂肪は、血液に戻して再吸収しにくい。
脂肪が吸収されているかどうかは、硬いか柔らかいか、でもわかる。
まあ、まずは体内脂肪を消費してからなんだけど。
外部倉庫に脂肪を出荷してもらう時は、空腹だって時を作らないといけないので、朝飯前の運動や寝る前の運動が効果があるかもしれない。
ダイエットは、全く食べないことでは無く、必要以上に食べないこと、一定期間に少なく食べる事。
一度にいっぱい食べると、糖尿病的に良くない。
そして、動くと筋膜の間の体液の流れも良くなるので、外部倉庫から脂肪が出やすい。
寒い冬ほど動いて暖まろう。
ヒートショックって別なリスクもあるけど、きちんと着込んで軽く運動して、暑くなったら脱いでいくが良いかな。
特に脂肪が厚い部分を動かす運動が良い。
もともと硬くて、筋膜での体液の流れが良くないと、脂肪が減りにくい。
そんな事で、冬こそダイエットに向いていると思う。
室内で腕だけを動かして、その場でランニングの様に体を上下する「走らずその場ランニング」でも、室温が低い方が効果があると思う。
外を軽く散歩することでも、夏より効果が高いと思う。

でも、最近はコロナウィルスが中国で流行しているので、外出を控える人も多い。
実際、週末のモールは割と空いている。
まあ、それは正しいとは思う。
人から感染するなら、人に会わなければ感染しない。
マスクも飛ぶように売れている。
売り切れている。
それも解る。
ウィルスはマスクより小さいから、マスクは意味が無い。
とも聞くけど・・・これって学者さんの適当発言だと思う。
口の中は便座より汚いとか、
良く聞くと、有害な菌かどうか考えずに、ただ数を比較しただけとか、一般常識で比較すべき条件を故意に無視している。
多分、マスクとウイルスもそうだと思う。

ウイルスは電子顕微鏡クラスの小ささ。
・・・電子顕微鏡クラスって、どのぐらいから?
1um以下?
とにかく、とっても小さい。
だけど、遺伝子情報しか持っていないし、包んでいるタンパク質の膜だって、細胞の中や体液に存在している時にしか使えない。
丸腰で外に出たら、存在できない。
(実際はインフルエンザで1日、さらには40日も生存するウィルスがあるらしいが、どのような状態で存在しているのかよく解らない。体の中にある物が、それ単体で外に出るのは難しいから、体液と一緒に出るはずで、条件によると思う。)

あわ

そういう綱渡り的な生存に賭けているのが、ウィルス的な生き方。
細菌のように単独では生きられない体。
だから、当然感染するときは、何らかの生存出来る物資の中にいる。
唾液だったり、そういう類いの中にいるわけで、その物質が大きいから、マスクを通ることができない。
つまりマスクは効果がある、はず。
ウィルスの大きさを論じても始まらない。

でもマスクが売り切れた今、防ぎ方も難しい。

関連ブログ
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 01 [メタボ – 生活は変わらない]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 02 [糖尿病?? 喉がかわく]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 03 [糖尿病後編 – ここは天国??]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 04 [糖尿病 – インスリンの後に]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 05 [ なんか痩せた気がする!!?? ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 06 [ ダイエットとメタボ対策 ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 07 [ 腸内細菌 ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 08 [ 体の中の過剰な養分]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 09 [僕の脂肪を食べたい]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 10 [筋膜、中はぐちょぐちょ]
会社の中で筋トレを叫ぶ — Vol. 11 [軽い運動とハードな刺激]
会社の中で筋トレを叫ぶ – Vol. 12 [人生急がず、ゆっくり]

スポンサーリンク