矢印の方向

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。


電車内にあったリックサックの注意喚起。
でも、よく見ると、この絵のなかで一番問題は、スマホだろ。
スマホをしている周囲の動きに気がつかない。

よく、
「リュックを前にしなさい。」
と言われて、電車に乗る生徒は、先生の言うとおりに前にしている。
多分、足下が見えないから、かなり危ない。
電車とホームのすき間に落ちるのでは無いか?
電車のなかで、リュックを下に置くことや、荷物棚に入れる方が
正解だと思う。
後ろのリュックを前にしても、厚みは変わらないのに、
なぜみんなそれを[善]として、行うのだろう。

社会ずれしている私の視点では、なんか分からない事が
社会に多い。社会は多数決による最大幸福で出来ている。
正しいのは、多数支持。
時代ごとに、なにが正しいかは変化するので、多数派は
常に正しい。でも、違う世代の多数派には奇抜に見える。
とはいえ、多数派は常に正しいという理論は、常に正しい。

大多数の意見だから正しい。
正しい事項は、時代でかわる。

何かを正しいと思う人達の多くが、心変わりをしている事は
間違っていない。
常に正しい側にいる人の多くが、常に流動的な考えで物事を
判断していることになる。

それは、柔軟な動きであると同時に、物事の普遍性を好む人には
耐えられないことかもしれない。
でも社会は、常に周囲に優しく、多数決で進行する。

優先席に座っている人がスマホを使い、ネクタイ生存率は
レッドデータ並になり、電車の「こま犬ポジション」は、
大人気だ。
柔軟に対応が出来て、柔軟に許せる人が「普通」というカテゴリー。
それに追従出来ないと「規格外」になる。
普通というカテゴリーは、プラスとマイナスゲージの中央付近を
常にドリフトしていて、そこからはじかれた両端の人達、
いや、たまには真ん中の人も、そこにとどまることが規格外。
だから、自分は正しいと言う思いとのズレが大きいと、
社会問題として捉えられる事もあるかもしれない。
でも、あおり運転が「普通」にはならないと思うけど、
戦争が起きたら、それに近い位置まで、「普通」のポイントは
ズレていくかもしれない。

どうなんだろ。
大衆の中で実る真実のリンゴは、つねに甘いのだろうか。

スポンサーリンク