生き方を教えてよ – vol. -07 [連鎖する感情]

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。
みのむしクリップ

最新記事 by みのむしクリップ (全て見る)

生物が根っこにあるから、尺度の基準は自己の利益に依存する。

同じことをしても、相手の反応は
同意することで利益があるか、ないか
その差で決まっている。

自分に利益をもたらしてくれる人への反応
「それわかります。すごくいいですね。」
利益無し
「なんか方向がずれている感じ。毎回そう思うよ。」

多分、自分もやっているのだろう。
そうして、自分が下だと思っている者達をさげすみ、
自分もさげすまれ、全体で何が良いことなのか。

社会は、いつも少しずつ有益な方に向かっているハズなのに、
ふと思うと、全く理解が出来ない。
そもそも、そこでストレスを与える必要も無い。

そう考えると、じっとしていた方が、みんなが幸せになれて
みんなが幸福になれるのでは無いか。

「震災の時に助け合っている様子を見て感動しました。」

人に感動や良い気分を与えるのも、やはり人なんだ。
・・・でも待って、・・・
そもそも不幸になった人を救うことの感動が正しいのかどうか。
助けていることは良いこと。
でも、それを見ている人は、不幸になった人の不幸を悲しむべき
ことなのかどうか。

イチゼロで考えると解らなくなる。
答えは、どっちも同時に存在するのだろう。
助けていることに感動し、不幸になったことを悲しむべきなのだ。
でも、最近の社会は、イチゼロ反応が単独で存在して
誰かを攻撃している。
<雨にもまけず>
東に病気の子供あれば、行って看病してやり
西につかれた母あれば、行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば、行って怖がらなくてもいいといい
北にけんかや訴訟があれば、つまらないからやめろといい
4つの慈しみを同時に行う。

スポンサーリンク