オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#43

The following two tabs change content below.
アバター

tonn

初めまして、NEET株式会社取締役tonnです。 僕もブログが書きたい!という事で時々、約三~十行小説を書くことにしました。(書いてほしい行数をコメントして頂ければその分次がんばります!) 何分シロートなので稚拙な文章しか書けませんが暖かい目で、気軽に読んでいただけると嬉しいです。 (; ・`д・´)

前回

「俺にもよくしてくれたあのじーさん亡くなったのか……」

大地は天を仰いだ。

「そのじーちゃんが言っていたんだよ。夢うつつに甲子園で洋一が投げる所を見てみたいって」

「それで俺の足を踏んだのか?」

「じーちゃんには時間がなかった。だからあの時、俺は悪魔に魂を売ったんだよ」

#43

『ツーアウトか……。俺に大地の球が打てるだろうか?』

『打てませんよ』

『誰だ?』

『私の名前はフィレンチェ。ワタシは君の味方です』

「洋一? 何だよその手?」

白いベッドからはみ出した洋一の手は真っ白だった。

「大地にも見えるのか? 言ったろ。悪魔に魂を売ったって。後は大地を殺すだけだなんだ」

つづく

2018/ 5/16 17:57

スポンサーリンク