お薬で副作用?が出たときは – お薬の詳細を調べる方法

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部副部長、IT業務部部長 etc...

薬

はじめに

医師に処方された処方薬は、処方箋薬局にて、以下の内容の情報の説明書が渡されるかと思います。

  • お薬の写真、形状
  • お薬の名前
  • お薬の効能・効果
  • 用法・用量
  • 注意事項等
  • ジェネリック薬品があるのであれば、その紹介

この注意事項には、必ず副作用のことについて書かれているのですが、
紙で渡される以上、最小限の副作用しか書かれていないことがほとんどです。

お薬で何か「?」な事があったら、以下の方法で検索してみましょう。

お薬名を以下のようにgoogle検索しましょう。

リンク先にはショートカットとして記載してありますので、ここに更に薬名を追加することで、目的の薬にたどり着けるかと思います。

※注:新発のジェネリック医薬品では場合によっては検索されない場合があります。
※注:このリンクから検索したことによって弊社が検索結果を収集することはございません。

その後、ページ内検索で「副作用」、もしくは、「副作用名」を何度か単語検索すれば(単語を変えながら、もしくは、副作用名の1文字の漢字で検索したり等)、お望みの情報にたどり着けます。

ページ内検索は?

  • Windows Ctrlキーを押しながら+Fを押し、検索する文字列を入力します。
  • Mac command+キーを押しながらFを押し、検索する文字列を入力します。
  • iPhoneのSafari アドレスバーに検索する文字列を入れ、開くやGoをタップせず上下にスワイプし、このページを検索をタップ
  • AndroidのChrome 右上のメニューをタップし、ページ内検索をタップし、検索する文字列を入力します。

お薬110番のサイトは?

お薬110番のサイトは、ファーマーフレンド 小林薫さんが善意で運営されているサイトであり、このサイトが基にしているデータは、各医薬品の製造、販売元が作成した情報や、医師や薬剤師から報告された情報を主にしています。

Wikipediaは?

Wikipediaはみなさんお馴染みの共同編集ができる世界最大のWeb百科事典であり、各ユーザーがそれぞれの情報等を基に共同編集しているサイトです。

なお、特に先発薬に多いのですが、Wikipediaで検索しても、お望みのタイトルでヒットしませんが、実際にはお薬の成分名で書かれていることが多いです。

これらのサイトを利用したほうが良い理由

医師、薬剤師でない人や各個人が編集している内容ですので、信ぴょう性が薄いとも感じられますが、実際には一般の方にもわかりやすい莫大な情報量を得ることができます。

ちなみに、それ以外のお薬情報サイトは、比較的情報量が少ないです。
製造メーカーのページ等を検索しても、一般向けには大したことが書かれていないのが現状です。

かといって、医師・薬剤師向けの情報となると難しすぎるのですが。。。

少しでも疑わしいと思った情報を参考にすることが、お薬の「?」に対応するための、いち早い手段です。

だからといって、すぐにお薬を中止したりしないで下さい。

これらで検索された情報は、専門家(医師・薬剤師等)が記述した内容ではありません。

それに、善意で記述されている記事ですので、ミス等があるかもしれません。

ですが、これらで検索したをもとに、できるだけ早く処方された薬局に実際に行って質問するか、電話で質問して下さい。

もしくは、薬剤師の判断で医者に行くように勧められたら、なるだけ早く医師の診察にかかるようにしてください。

その後、薬剤師、もしくは、医師の指示に従って、該当する薬を中止して下さい。

ちなみに、薬剤師の方の中には、副作用自体の効果の具合を理解している方もいらして、これらはインターネットでは検索できないような情報があります。

特に、複数の薬を飲んでいる場合で、同じ副作用がある場合、どの薬のが副作用が強いかを教えてくれます。

長期的に飲んでいた同じ薬が突然副作用を出す?

今まで長い間普通に飲んでいて問題がなかった薬でも、体調等何らかの理由で、副作用が出る可能性があります。

その時にも、一度副作用をネットで検索してから、薬剤師に相談してみるとよいでしょう。

最後に、薬剤師に薬のことを聞く方法

薬局に行くのが一番ですが、処方箋には基本的に電話窓口が書いてありますので気軽に電話で問い合わせても構いません。

?日前から、???の症状が出てきているのですが、ネットで調べて見たところ・・・

(以下のいずれか)

  • 今飲んでいる薬
  • つい最近変わった???の薬

の副作用が原因と思われるのですが

(以下のいずれか)

  • 今までの薬でも副作用が出るものでしょうか
  • 新しい薬で飲み合わせが悪いのでしょうか?

(複数の薬を服用していれば)

  • その中で、???の副作用が強く出る薬は何でしょうか?

その他、副作用のおおかげで、いつもの生活がどうなってしまったかを伝えて下さい。

だるくなっても、それは薬の副作用です。(ただし少々だるい程度では範囲内になります)
脱力感を感じても、それは薬の副作用です。(ただし少々脱力感が感じた程度内では範囲内になります)

他にも副作用は多くのものがあるので、何とも言い難いのですが、一般的には

  • 用量(忘れがちなのが加齢です)
  • 飲み合わせ
  • 体質
  • 薬の効きすぎ

があります。

その他、副作用になったとき、今まで過去に体で起きたことを思い出して(これまでのアレルギー歴も含め)、薬剤師に報告して下さい。

スポンサーリンク