生活感覚は相対性理論??

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

まずい!!
今年が始まって、もう一ヶ月が、消えた。

その間、特に何も無かった。
まずいよ。時間はどんどん進んでいるけれど、なんだか最近、その流れを感じない。
外の世界を観ていないからかも。
外出はしていないしな。
スキーとかしていれば、思い出という記録を時間に刻むのだろうけど、何もない空間では、時間の流れを感じない。
ひょっとして、この空間の時間は止まっている??
新しい相対論か??
でも、鏡を見るとヒゲは伸びるし、時間が止まるような、うまい話ではないようだ。
浦島太郎的に、周囲の時間は確実に過ぎている恐怖。

ところで、2/10は、2つの衛星が火星に到着するらしい。
アラブ首長国連邦と中国の火星観測衛星。
アラブ首長国連邦の衛星が、無事火星に降りるか、楽しみだ。
中国は5月に着陸するらしい。
本当なら、「はやぶさ」の前に日本の火星探査衛星が、火星に降りていたはずなんだけど、火星に向かう前に、太陽の周りを回ってどっかに消えたらしい。
「のぞみ」だか「はるか」だか、そんな女の子の名前みたいだったと思う。
以来、日本は火星にチャレンジしていない。
月にも行っていない? 気がする。
代わりに「はやぶさ2」がサンタのごとく帰還して、再び去って行く功績が無事完了した。
膨大な時間をかけて、遠い未来のように思えた出来事も、着々と進んでいく。
ゆっくりとした変化さえも、僕の生きる時間を通り過ぎて、着々と進行していく。

時間が止まっているよりは、時間においていかれると言う方が正しい。
みんな、僕を過去に残して、消えていく。

[今年の天文年間は、緑の表示だ]

スポンサーリンク