「すみません」から「ありがとう」へ

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

口癖の一つ。「すみません」
この言葉は、いくつかの場面で使われる。
「すみません。ちょっと通してください。」
お願いするとき。
「探していただいて、すみません。」
感謝するとき。
「ご迷惑をおかけして、すみません。」
謝罪するとき。
言葉は同じで、使う場面は違う。でも言う気持ちはいずれも同じ。
すまないという気持ち。
感謝すべき時もそう感じている。
自分自身、この言葉の持つ力や意味が、段々薄れて感じている。

すると、ある人から言われた。
感謝には、「ありがとう」と言う言葉のほうが届くよ。と。
「ありがとう」
なるほど、素直に感謝を表現すべき、と言う事なのだろう。
「すみません」は、相手に対してではなく、自分自身に言っている感じがした。
「ありがとう」「ありがとう」
感謝を前面に出すことは、ポジティブな表現な気がした。

ネガティブからポジティブへ

そういう考え方の方が、社会は自然に和らいで行くのかもしれない。
宝くじが当たらないことに嘆くのではなく、当たらないことに喜びを感じるように判断するほうがよい。
宝くじの一等賞は、人生を100回繰り返しても当たらない気がするので、基本買わないようにする。
そして、買う予定の番号を紙に書く。
発表後に、その番号が外れている事をドキドキしながら確認する。
もし当たっていたら!!! なぜか、そっちの方が普通の3倍はドキドキする。
当たっていても1000円とかだから、それは悔やまない。
1万円ぐらいなら悔やむけれど、人生に1回あるかないかなので、悔やまないことだ。
このやり方だと、当たらない事で安堵するし、ギャンブルスリル指数はかなり上位に感じる。

このルールで、2020年6月25日のロト6の番号は、4, 7, 13, 14, 27, 32と予測しておく。
さあ、この時点で、かなりドキドキしてます。
予測すると当たらないという所はぶれないから、心配は無用だけどね。

スポンサーリンク