旅するニート – [東京駅] -美味しいにおい

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

午前、東京駅のホームに降りると、美味しそうな「におい」がする。
東京の駅の中は、お店が多く、改札の中にそれらは存在している。
食事をする所や、おみやげ屋さん、洋服店なんかもある。
でも、ホームにはお店が見えない。すべて、ホームの下に展開している。
東京駅は、ホームの両端の新幹線と中央線乗り場が他のホームより
一階分高い構造で、将来そのホームの高さに床をつくって、店が出来たら、
それもすごいかなと思う。
でも、今も複雑な駅の構成が、もっと複雑に変わってしまう。
宴会場にたどり着けない人が、駅構内を徘徊してしまうことになりかねない。
まるで、ゾンビだ。

昔、札幌駅もホームから地下に降りる階段があり、地下には饅頭や
ラーメン屋さんがあった。今では大きくきれいになったけど、
昔から大きな駅の地下には、そんな魅惑の空間があったのだ。
自動「おやき」製造機とか、そう言う自動機械も多くあった。
今は電子化となんとかで、何でも出来るけど機械的にリズミカルな
動きは期待できない。
なんか、動きが硬く隙が無い。攻撃力が高そうな動作をする。
癒やされないのだ。

ゆっくりと決まった動きで動く。
それは時計と同じように、動いているのに静かでに落ち着く。
そして甘いかおり。
夢とか、希望とか、柔らかい高揚感がこの時代にはあった気がする。
でも、そう言った時代を知らずに、今の子供達は育っている。
社会を変えたのは、昭和の時代に生まれた人達で、平成から
活躍した人達。
昭和のノスタルジーな夢は、伝承していない。
まあ、室町時代が現代に無いのと同じように、
そうやってうつり変わり、社会は塗り替えられていく。

でも、食べ物の「かおり」が与える希望は、どの時代も変わらない。

スポンサーリンク