NEET株式会社で収入を得る方法

The following two tabs change content below.
Outerkey

Outerkey

代表取締役NEET株式会社
Outerkey(アウター・キー)です。代表取締役になりました。 仲間内からは、たいていアウターと呼ばれてます。 ゲーム開発やってます。今は主に縦STG作ってます。 その他に、ニー株非公式同人サークル「にーかぶ」の企画・運営、 「ゲーム配信企画部」での、マイクラ東京タワー建造計画の企画・運営、 ニー株の「デジタルゲーム事業部」にも参加しています。 いろいろ手を出してる所為で、どれも中途半端になりつつある。なんとかせねば・・ このブログでは、自分の活動記録を中心に、思ったことをいろいろ書いていく予定。

こんにちは。ニート株式会社、代表取締役のOuterkeyです。

現在、ニー株では、取締役の追加募集告知が出ていますね。読者の中にもニー株への参加を検討している方もいらっしゃるのではと思います。

そこで今回は、私がニー株で得た教訓を基に、ニー株で金を稼ぐにはどうすれば良いかについて書いてみようと思います。

まず、身の蓋もない結論を言ってしまいますが、ニー株で金を稼げる人は、相当優秀な人だけです。ただ、金を稼ぎたいだけなら素直にサラリーマンをやった方がよっぽど楽だと思います。

いったいどう言う事なのか?これから説明します。

まず、ニー株は、社員が全員取締役です。ですから、各人が自由に自分の行動を設定できます。そして、お互いに他の取締役にあれを手伝え!これをやれ!といった命令や強制はできない仕組みになっています。

これはつまり、皆で協力して1つの事業を行う体制を築きづらいと言う事でもあります。

次に、ニー株では、会社の資金を各取締役事業の経費として利用することは、原則できません。基本的に、活動資金は各個人で用意する必要があります。

以上の事から、ニー株では会社の資金力も、大規模な人手も、これを得る事はほぼ期待できないと言う事が分かると思います。

では、どうすれば良いのか?

まずは、アイデアが大事です。あなたがやりたいと思える、明確な事業案を自分で創設しましょう。この会社は、じっとしていても、誰も命令してくれません。あなた自身が率先して動かなければ何も始まらないのです。とはいえ、簡単にそんなアイデアは浮かばないものです。ですから、アイデアを得るためにも、普段からアンテナを張っていろんなものを見聞きし、参加するアクティブな態度が必要です。もしくは、誰かの企画に乗ってみるのも良いでしょう。

やることが決まったら、次は人員集めです。ですが、普通に募集しても、そうそう集まりません。一応ニー株には、専用のSNSがあり、メンバー募集告知を社内全体に向けて手軽に出す事はできます。しかし、先に言った理由もあり、よほど魅力的な企画でないと、告知を出しただけでは人は集まらないのが現実です。ですから、1対1で、直接メンバーと連絡を取り、一人ずつ交渉していくやり方をお勧めします。

最後に、打ち出した企画を最後までやり抜く覚悟です。おそらく、様々な困難やモチベーションの低下、いざこざ等は起こると思います。ですが、諦めないしぶとさが必要になります。特に、リスクを恐れずに前に進む勇気は必須です。

ここまで書けば、もうお分かりだと思いますが、要は、世の中で成功するために必要な事そのものを見事にやり抜く必要があると言う事です。そんな事、わざわざお前に言われるまでもないと言う方、申し訳ないです。ですが、ニー株で金を稼ぐためには、社会で起業して成功できるだけの能力が必要であると私は思っています。

と言うわけで、ぶっちゃけた事を言います。ニー株で金を稼ぐのは、自ら人生を切り開けるくらいの猛者だけです。その自信がない人は、ニー株の別の魅力にもっと注目しては如何でしょう?

例えば、ニー株SNSでは、様々な境遇の人がいます。それこそ、社会の縮図そのものと言ったレベルで十人十色です。ですが、ここではニートである事は全く恥になりません。また、トランスジェンダーなどの、普段、打ち明けづらかった事情も割とオープンにしても大丈夫な気風があるようです。とにかく色んな人がいるので、少数派を気にする必要がないのです。

決してニー株では争いが無いわけではありません。それこそ、考え方、価値観の違いによる、衝突は起こり得ますし、何が起こるか分からないというのは実際あります。ですが、ニー株を人と繋がるコミュニティーの場として考えると、一定の価値はあるのかなと感じます。

話が長いって?よし、三行でまとめよう。

ニー株で金を稼げるのは優秀な奴だけ。揉め事や諍いはあるかもしれないが、ニートを気にせず、人と繋がれるかも。そういうのを求めるなら、ニー株には入る価値がある。

スポンサーリンク