紙パックの飲料を直接口にしてはいけない理由

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部副部長、IT業務部部長 etc...

紙パック飲料ペットボトルがかなり普及した今でも、牛乳パック等多くの飲料が
紙パックでの飲料は販売され続けています。

しかし、ストローが張り付けられているような紙パックの飲料を直接口にしてはいけない理由を書いてみました。

仕分けセンターで、口にする所を直接軍手で持つことがある

通常1リットルの紙パック飲料は12本ずつ(1ダース)、500mlの飲料は24本ずつ(2ダース)、
プラスチックのケースごとに配送されます。

しかし、スーパーやコンビニ等の各店舗におおいて、それぞれ1ダース、2ダース以外の端数で配送してくれというオーダーがあります。

この時、配送センターでは、必ずといっていいほど、直接手でケースを入れ替える作業が発生します。

この手でケースを入れ替える作業については、数のことと、落とさないことだけを指導され、それ以外のことは何もルールがありません。

そのため、口にする開け口の所を、直接軍手で触れることになります。

配送センター内は10℃帯域と、ほとんどの方にとっては寒く感じる所ですが、
飲料の仕分けとなると、非常に重いものを運搬するので
(一般的に1台のかご車あたり最大360kg)
汗も大量に出てきます。

そのため、どんなに清潔な恰好で出勤しても、汗による菌感染という問題が発生してしまいます。

何せ多くの方が、交通費支給なしで、最低時給+深夜手当+寒冷手当だけで働いている労働者ですので。

それではどうすれば良いか?

  • コップに注ぐ
    開け口の内側まで触れることはありませんので、そこは基本的に心配ご無用です。
  • ストローで飲む
    最近、コンビニエンスストアではストローをもらえますが、ストローで飲むようにしましょう。

ペットボトルではこのようなことが起きるの?

ペットボトルでは、蓋がきちんとガードしていますので、このような菌感染の恐れはありません。

スポンサーリンク