オリジナル小説 タイトル「君の魂をください」#27

The following two tabs change content below.
アバター

tonn

初めまして、NEET株式会社取締役tonnです。 僕もブログが書きたい!という事で時々、約三~十行小説を書くことにしました。(書いてほしい行数をコメントして頂ければその分次がんばります!) 何分シロートなので稚拙な文章しか書けませんが暖かい目で、気軽に読んでいただけると嬉しいです。 (; ・`д・´)

前回

「こんな時間に何の用?(また金をせびりに来たのか?)」

「金貸してくれよ(とりあえず一万円も借りればいいか)」

「今月分は今日渡したじゃないか!(このままだと死ぬまでたかられる)」

「だから『貸して』って言ってんだよ。ちゃんと返すよ。それともあの写真アップされてもいいのか?(あの写真がバレたらもう学校には行けないかもな)

「わ、わかったよ(クソ!)」

「それより洋一。あの時、どう思った?(どうしてあんな事したんだ?)」

「あの時?(何の話だ?)」

「お前が俺の足を踏んだ時だよ(事故だったんだろ?)」

「あぁ、あの時か……。あれは爽快だったな(そのおかげでレギュラーにもなれたし)」

#27

「え?(冗談だろ?)」

「だって、あの時、初めて大地に勝てたんだからな(一度も勝てなかった大地に)」

「わざとだったのか?(冗談だと言ってくれ!)」

「わざとに決まってるだろう(そうでなかったらそんな都合よく利き足を踏めるかよ)」

「うわぁぁぁぁぁぁ(ウワァァァァァァ)」

その時、大地は鞄の中に忍ばせていた果物ナイフで洋一を刺した。

つづく

2018/ 5/20 14:03

スポンサーリンク