【8日目】遍路の記録

The following two tabs change content below.
ノナカシ

ノナカシ

1988年生まれ。 大学を卒業後、ニートとフリーターを半々くらい。 歩くことが好きでよく歩きます。 好きが高じて四国遍路、旧東海道&旧中山道(東京~京都)を歩いたことがあります。

8日目(7月30日)

5時起床。
近くのコンビニで買い物や準備をする。

隣接している電車の駅にゴミを捨てに行くとY部さんがいました。Y部さんは徳島の一国打ちなのでここまででこの日電車で帰ります。物腰の柔らかい、いい人です。軽く挨拶をしてお別れ。

7時に出発。
以降三人衆に会うことはなかった。

なにやら雲行きがあやしい。案の定雨が降ってきました。本格的に降っている中を歩くのは初めてです。

雨具はポンチョを持参してきたのですが、雨の侵入は防げています。ただ、

暑い

荷物が濡れないのが最優先なので我慢です。バッグの横に入れている飲み物は取り出しにくくなるものの歩きながら取り出せなくもないのでいいのですが地図は完全に止まってポンチョを脱いでバッグから取り出さなければならないので不便です。

遍路用の休憩スペースがあるところで休憩。ここではおじいちゃんからゆずジュースのお接待を受けました。ありがとうございます。

四国の田舎道にある自動販売機はだいたいコカ・コーラのものでだいたいラインナップも同じです。四国限定かはわかりませんがゆずジュースがどの自販機にもありました。

ちなみに筆者は自販機で飲み物を買うときはなるべくコカコーラ以外のものを選んでいました。別にコカ・コーラに恨みがあるわけではなくて単に他の会社の自販機をみると「おっ(コカ・コーラじゃない)」ってなるんですよね。特にポッカがお気に入りでした。

雨が降りしきる中、T橋さんとO場さんに追いつきました。人と一緒に歩くのはなんだか安心感があります。T橋さんはベテラン遍路なので道を覚えているから地図を見る必要がないので助かります。

この二人は結構いい年なのですが歩くのが結構速いです。後ろについてて僭越ながら感心していました。

この日の目的地である海部駅の5キロ位手前の喫茶店で休憩。T橋さんが以前お世話になったことがあるらしい。中には入らず(びしょ濡れなので)外にある四阿で一休み。ありがたいことに飲み物をお接待でいただきました。ありがとうございます。

海部の一つ手前の駅に野宿にはちょうどいい休憩スペースがあったのですが、ここは17時で閉まってしまうらしく野宿ができないとのこと。
残念。

14時半ごろ海部駅に到着。今思えば歩く距離が短すぎですね。後半は一日平均40kmくらい歩いていたので。まあ序盤だからしょうがないかな。さて、今日のお宿は立派なバス停。

ポンチョを広げて乾かしたり日記を書いたり駅に行きトイレを確認したりなんだかんだで時間はすぎていきます。

17時ごろ近所のスーパーに買い物に。イートインみたいなスペースがあったのでそこで弁当を食べました。スーパーはありがたいですね。安心感がある。

バス停に帰ると青年がいました。彼とは88番大窪寺までの付き合いとなります。出会って4日目にして互いの名を知ったのでした。意外に名前を知らなかったりするんですよね。すぐに別れたりすることもあるので。20歳の大学生。若い。実家がお寺。なるほど。

スポンサーリンク