【4日目】遍路の記録

The following two tabs change content below.
nonakashi

nonakashi

1988年生まれ。 大学を卒業後、ニートとフリーターを半々くらい。 歩くことが好きでよく歩きます。 好きが高じて四国遍路、旧東海道&旧中山道(東京~京都)を歩いたことがあります。
nonakashi

最新記事 by nonakashi (全て見る)

4日目(7月26日)

まだ薄暗いうちに目が覚めました。
野宿だと自動的に早起きになります。

近くにあった自動販売機で缶コーヒーを買って、手持ちのあんぱんとで朝食としました。5時30分に出発。

飲んでみたいと思ったがお腹ピーピーになったら困るのでスルー。

一時間ほど歩くとT橋さんとY部さんの二人に追いつきました。二人も筆者が野宿した近くの宿に泊まったはずなので、なんて早い出発なのだろうと思った。

しばらくは一緒に歩いていたが、やはりアップダウンのある山の中、筆者の方が先にと進んだ。お年を召した方は昇り降りに弱い。

この日もよく晴れていて日差しが暑いです。
慣れない遍路生活のせいか軽く熱中症のような感じになりました。川に入れそうなところがあったのでちょっと入って涼をとっていると、先程の二人に先を越されました。

またしばらくして二人に追いつき、追い越しました。しかしながら相変わらず熱中症のような気だるさが続いていました。長めの休憩と昼食を兼ねてへんろみち沿いにあるお店に寄ることにしました。

お店に着いたのはよかったのですが、閉まってる!どうやらお店が開くのはあと30分のところでした。10分くらいは日陰で待っていたのですが、ただ待っているのがもったいない気がして先に進むことにしました。

やすらぐことはできなかった。

しばらく歩くと休憩中の例の二人に追いつきました。先程のお店にいる間に抜かれていたようです。なにやらお接待で冷えたプチトマトをいっぱい貰ったみたいで、筆者にも分けてくれました。めちゃめちゃうまい!そして助かる!熱中症気味の体にはありがたかったです。

ここからは二人と一緒に次のお寺まで歩きました。先に進んでいく元気はありませんでした。それに人の後ろについて歩くとこころなしか楽な気がするんですよね。

そして、13番大日寺に到着。
長かった、時間がかかった。
17キロ進むのにこんなに時間がかかるとは思いませんでした。
6時間。普通なら休憩いれても4時間くらいで歩けます。

お寺の近くにあった食堂でカレーを食べて気合いを注入。ここには自転車で遍路している人も昼食をとっていました。この日どこからスタートしたかはわかりませんが話を聞く限り11番藤井寺と12番焼山寺を回ってきたのは間違いなさそうでした。自転車と徒歩の移動距離の差にビビリました。

いざ、14番常楽寺へ。

5分ほど歩いてもしかして軽く間違っているのではと思い地図を見るが間違っているんだかあっているんだかよくわからない。

おおまかにはあっているはずだと思い先に進む。

やはりあっていたようでよかったのですが、13番から14番の道は結果として道順通りに進めたものの遠回りをしたような気分になっていました。

14番常楽寺に到着。
なんだかこのお寺は土地を均さずに建物だけを置いたような印象だった。

カレーを食べて気合を注入したはずだがかなりへばっていました。
やはり本調子ではない。
今日は宿もとってしまったのでそこまでは進まなければならない。
よし。

15番国分寺に到着。
14番から1キロも離れていないのですぐに到着。
着いたときに食堂であった自転車の人とすれ違いました。

ここの印象はほとんどないのですが、岩の上に荷物を置いたことだけは覚えています。

続きまして16番観音寺。
このへんは寺と寺の間隔が短いのでサクサクいきます。
このお寺は狭い。
住宅街に馴染んでいるようなところです。

そして本日最後の17番井戸寺。
到着したとき例の二人がお参りを終えて出てくるところでした。彼らはこのお寺の隣にある宿にこの日は泊まるとのことでした。

お寺はここで今日は終わりですが筆者がとった宿はここから7キロ離れた徳島駅の近くなのでまだまだ歩きます。
ここからが長かった。
歩けども歩けどもなかなか着かなくてイライラしてました。(はい、あほです)

いよいよ到着という一歩手前で自販機でリアルゴールドを購入。部屋に入ってソッコー飲もうと思っていました。
そして宿に到着。
すると宿主のおじさんがオロナミンCをくれました。リアルゴールドを持て余した筆者。もちろん両方美味しく頂きましたよ。
ありがとうございます。

もちろん素泊まりなのでご飯は外のラーメン屋で済ませました。以前徳島に来たことがあってそのとき徳島ラーメン(肉入りラーメン)なるものを食したのですがどうも筆者の舌には合わなかったので普通のを頼みました。

部屋にあった少年マガジン

スポンサーリンク