エックスサーバーが高速化したかも

The following two tabs change content below.
夜桜 なの
夜桜 なのです。 バーチャル女の子をしてるなの。 陸上自衛隊卒のレトルトカレー評論家 高校生の時にフルアセンブラでウィルスを作って、他人に渡したものの、児童相談所に通報されなかったという経歴があるの。 返せなくなった211億円のバーチャル借金があるの。ぐすぐす;; 取締役ブログ事業部部長、音楽事業部部長、IT業務部部長 etc...

エックスサーバー

↑なぜ山手線?これは画像圧縮ベンチマークの素材だったからなのです。

オリジナルはこちらより

ようやくエックスサーバーの大幅高速されました。

しかし、社内の意見によると・・・

速度が変わってない・・・

というご意見を頂きました。

ではでは実際にベンチマークを取ると

あくまで1スレッドにおける上記画像の圧縮です。

  • 新サーバー:1分14秒 (EPYC Linux) / 48core 96thread ※実行タスク数約160
  • 旧サーバー:1分31秒 (XEON Linux) / 24core 48thread ※実行タスク数約450
  • 参考:うち:0分47秒 (Ryzen 3700X Ecomode Hyper-V FreeBSD) 8core 16thread

エックスサーバーの具体的なサーバースペックは?

いろいろいじりまくりながらサーバーの詳細スペックを取得しました。

  • AMD EPYC 7402 24-Core Processor (2.8~3.35GHz) ×2 48core 96thread
  • メモリ 512G (おそらくDDR4-3200)
  • サーバー全ディスク容量 /dev/md0 18T /dev/sda4 210G
  • サーバーLANポート 10Gbps
  • さくらインターネット 大阪?

いかがでしょうか?

シングルスレッドにおいては大幅に速度向上しないものの(むしろコンシュマー向けcpuの速い)ですが、多数の負荷がかかると2.45倍の速度を発揮してくれます。

補足

現在のEPYCやデスクトップRyzenはZen2ベースですが、ノートパソコン向けにZen3ベースのより最適化されたものが登場しました。

もしかして採用されると、より高速化するかもしれません。

スポンサーリンク