劇場型株式会社

The following two tabs change content below.
超私のりこ

超私のりこ

「JK文学」と評される乱暴な日常のキリトリが売りの第2期取締役。
超私のりこ

最新記事 by 超私のりこ (全て見る)

こんにちは、超私のりこです。

今年も新規取締役募集ということで、
重い腰をあげて、久々にブログを書いています。
募集サイトへGO↓
https://entry2020.neet.co.jp

NEET株式会社募集

みなさんご存知のとうり、
今年はいろいろと前途多難ですが、
会社としては、取締役がたくさんいないと続けられないので、
背に腹はかえられぬということでどんなご時世でも
人を集めようと躍起になってかかるところであります。

3月、4月は、社内がもっとも盛り下がる時期です。
一年間、いろいろな揉め事で精神をすり減らした戦士たちが
続々と辞任を表明してやめていきます。
そんな中で一筋の光となるものが毎年、
新規取締役募集受付です。

私たちは新しい仲間たちが、独創的で、ユーモアに溢れ、かけがえのない友と
なることに期待を膨らませ、
新しいメンバーも同じく、会社が自分の人生を刺激する居場所となることを夢見て来ます。

しかしながら、そういった期待は非常にはかなく崩れ去って、
1年もしないうちに、米粒一つ分くらいしか、ここにいる意味はないんだと気がつきます。

ある者は、こんな会社だなんて聞いてないと、
ある者は、こんなやつらなんてゴミクズだと、現実に気がつき去っていくものです。

しかし、私は、
米粒一つ分でもいいから、と思ってここに寄り道しにきてくれる人を歓迎します。

ここは何かを多く期待できる場所ではなく、
自分の頑張りが簡単に認めてもらえるようなところではありません。

何かがある場所ではなくて、
普通あるはずのものが「ない」ということを面白がるところだと思うからです。

一人一人の違いを楽しむためには、
期待することが大きな弊害となってしまうことと、
自分の孤独や弱さを無視しないことが大事で、またそれらがとっても難しいということに
気がつくチャンスを、得られるかもしれません。

いつだってそれは運なので、努力では難しい。
ただ、私は、この会社に縁のある人は、
きっとそれなりの嗅覚を持ってやって来るものと思います。
だから全ての取締役は、みな特別なはずです。
怒ったって、泣いたって、全ての感情が許されているカオスを
あなたもまた、怒ったり泣いたりして、体験してください。

きっと気にいります。
https://entry2020.neet.co.jp


いぇい☆

スポンサーリンク