技術部の壺の中 — Vol. 41 [ドローンの選定]

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

農作物の撮影って、実は、とっても大変。
それは、相手が小さな虫だからね。
人なら上空からのトレースも楽だ。ストーカーかよ。
実際、上空50mぐらいから盗撮されても、
全然気がつかないと思う。
恐ろしい時代だ。
それでも、まだ、虫を捕らえることは難しい。

ドローンビジネスといっても、仕事が多いのは空撮だろう。
最近のテレビの映像では、ドローンで撮ったで有ろう映像が
たくさん映されている。

ドローンと言っても、マルチコプターから固定翼、気球、船型、
水中カメラ艇、車型など、いろんな種類がある。
マルチコプターでは、中国のDJIがダントツの強さだ。
なせって、とっても高性能。
スマホで地図に線を書くだけで、勝手に撮影に旅立つ毎が出来る。
すさまじいハイテク機械だ。

でも、製品を出してそのまま使われるのは、DJIぐらいだろう。
カメラの話にあるように、カメラ一つとっても目的用途によって、
カスタマイズする必要が多い。
だから、標準品という物を作ることが、あまり正しくはない。
使う用途が先にあるべきで、実際、使用する人が目的に合わせて
作られている物を購入するという色が強いと思う。

結局、始めにお金と比も図いている必要が有り、
面白いからとか、こう言うのがきっと売れるとか、
適当な仕様を想像して作ることが出来るほど、
多岐にわたるカスタマイズ要求に応えることは出来ない。

おそらく、そう言う無計画な指導者の基にある計画は、
お金を使って終わるだけの計画になると思う。

高性能なカメラが良いとか、重くなったら大きくすれば
良いとか、バッテリーが持たないとか、なんとか。
マルチスペクトルカメラは、そんなに解像度は高くないし、
彼らが戦う相手は、ひまわり8号とかの人工衛星だ。

虫の撮影は気球型でも良いけれど、浮力の部分が大きく
なるので、農地に障害物や電線があると、難しい。
発泡スチロール製の固定翼は、軽くて良いけれど、
スピードが30~40Km/h以上で速すぎる。高い上空なら
問題が無いので、虫の撮影よりはマルチスペクトルカメラに
むいている。
きちんと目的に合わせて積み上げないと、要求と一致しないから、
お金にならない。きちんと目的を定めて開発する必要がある。

関連ブログ
技術部の壺の中 — Vol. 37 [IT農業 マルチスペクトルカメラの仕組み]
技術部の壺の中 — Vol. 39 [農業 – 解像度と画面の大きさ]
技術部の壺の中 — Vol. 40 [農業 – 被写体との距離]

スポンサーリンク