技術部の壺の中 — Vol. 14 [リチウム電池 – 事例]

The following two tabs change content below.
みのむしクリップ

みのむしクリップ

主に電気関係で仕事をしてきたけれど、気が付いたとき、日本の電機の会社ってほとんどなくなっていた......... そんな需要のない今を 日々生きています。

実際に起きている充電式リチウム電池の不具合は、大抵、ふくれる
不具合。燃えるとかは、かなり重度なケースだ。
iPhoneは、バッテリー内部に金属の異物があって、それが電極間の
短絡を引き起こし、電極の金属箔が燃えたらしいと聞いている。
金属箔だから、電気を流すと燃える。
それは過去の一例。
実際、どれぐらい膨れるのだろうか。
勿論、一流メーカーの物を例に出さないと始まらない。
その不具合を例にするから意味がある。
例とするのは、AppleのipodとVAIOのPC。
どちらも使用年数は過ぎているから、メーカーに責任があるといえない。
と、言っておく。(チキン野郎だからね)
iPodの液晶が壊れているというジャンクを2つ購入してみた。
見ると、確実にバッテリーが膨れて、液晶を圧迫していた。
一つは、完全にケースを変形させるほど。


なぜか液晶の裏に電池をおく設計が多い。
タブレットは全面液晶だから、逃げ場無しだけど。
だから膨らむと、液晶のガラスが割れるよ。
一方は、バックライトの偏光板シートが潰れたために発生していると
思う。液晶は平気みたいだ。

分解すると、7mm程度のバッテリーが、12mm程度に膨張。
バッテリーは、3端子で温度センサーつき。サーミスタね。
以外とバッテリー容量が小さくてびっくり。
iPod classicって、省エネなんだね。なんか持ってるiPod nanoより
音も良いし。DACがいいのかな。
こんなにいい製品をバッテリーの5mmほどの膨れがダメにする。
せっかくだから、バッテリーを新しくして、液晶も直そう。

■別な製品
Sonyから独立したVAIOが作ったハイスペックPC…..のハズだけど。
以外とハズレのPCだった。高かったけど。
VAIO Z Canvas(モデル VJZ12A)
わかりにくいけれど、液晶にムラが出始めた。
・・・と思ったら、側面が開きだした。
液晶が割れるのも時間の問題かもしれない。違うPCを買わないと。

誰も不良を作り出したくはない。
だって、客に怒られるからね。リスクも増えるし。
だけど、高度に進化する部品ほど、その過程で品質は安定しないし、
使い方を誤ると問題も起こる。
使う前の評価に時間をかけないと解らないことも多い。
車は2年評価に時間をかけると言われているけれど、安全性が
重要なため。
だけど、電化製品は鮮度が命・・・って思われているけれど、
それって売り込む営業がそう思い込んでいるだけ。
確かに消費者は新しい物に飛びつくし、そう言うレビューや
インスタ脳な思考のひとは、飽きやすいだろう。
だけど、製品を必要として使いたい人は、急ぎはしない。
「早い・安い・うまい」の前に消費者は、「安全・安心」を
求めていて、その前提でメーカー品を優先的に購入している事を
解って欲しい。
100均と普通の焦点に並んでいる400円の物が同じ品質だなんて、
思ってもみないし、そうなら100均を買う。
日本製が安心とか言っているのは、そう言う理由で、
日本製だから買っている訳ではない。
品質が良い方を買うから、このまま行くと品質の良い中国製を
選択することになる。
だから、評価には時間をかけてしっかりして欲しい。
バッテリーごときに製品が否定されてはかなわないだろう。

関連ブログ
技術部の壺の中 — Vol. 08 [相乗効果 – 改良と誤用のマリアージュ]
技術部の壺の中 — Vol. 12 [リチウム電池 – 燃える原因]

スポンサーリンク