【13日目】遍路の記録

The following two tabs change content below.
nonakashi

nonakashi

1988年生まれ。 大学を卒業後、ニートとフリーターを半々くらい。 歩くことが好きでよく歩きます。 好きが高じて四国遍路、旧東海道&旧中山道(東京~京都)を歩いたことがあります。

13日目(8月4日)

5時半起床。6時半朝食。
28番大日寺はホテルから3キロほどなので朝食を食べずに出発すれば納経所が開く7時ちょうどに受付できるのだが朝食は食べたかった。

7時15分ホテルを出発。
この日も雨。

若干遠回りをしたがほどなくして28番大日寺に到着。
雨なので休憩用の屋根つきの小屋があってお参りの準備をするのに助かりました。

29番国分寺へと向かう道を遍路地図で確認し出発。
雨なので地図の確認は面倒すぎて何回もできない。道しるべを頼りに(いつものことではあるが)進む。

分かれ道なんかで道しるべがないと結構困る。
地図を確認すれば分かることもあるが、次に道しるべを見るまではドキドキだ。

遍路小屋で休憩。
すごい雨なので写真に撮ってみるがすごさが全くわからない(笑)

そろそろ29番国分寺に到着するというところで後ろに歩き遍路の姿を確認。
人のことは言えないがこんな雨でよく歩くなと思った。

29番国分寺に到着。
ラッキーなことに雨が弱まる。
お参りするのに雨が降っているのといないのとではやり易さが格段に違う。

30歳過ぎくらいの男の人からアメのお接待をいただく。ありがとうございます
今日は何日目ですか?と聞かれた。
この人は歩き遍路をしたことがあるのかもしれないなと思った。

出発すると再び本降りの雨。
時々とんでもない降り方になる。
あまりの勢いに思わずちょっと雨宿りしたりする。

遍路小屋があったので休憩。
パンをかじって燃料補給。
何度も書くがとにかく凄い雨。我ながらよく歩いているなと思う。

散々雨に打たれて30番善楽寺に到着。
雨宿りがてら29番国分寺直前で見かけた人と話をする。
今日はほとんど同じペースで歩いていた。
雨の中をクロックス(というサンダル)で平然と歩いていたのが第一印象だった。
この人は三重の四日市在住。区切りうちでこの寺で打ち止めらしい。

納経所のおばさんが濱田マリみたいな声の人でした。
パンとジュースのお接待をいただいた。
ありがとうございます。

雨足が弱まったところで(といっても十分大雨だが)思い切って出発。
1キロも歩かないうちにマルナカを発見。
とりあえず買い物をしていく。

先ほどの三重の人に再会。
高知駅に行くバスを待っているところだった。
そういえば納経所のおばさんにバスのことを聞いていたっけ。

しばらく歩くと雨がやんだ。
ポンチョを脱いで歩くのは気持ちがいい。
だいぶ「街」という感じになってきた。
高知の遍路道の中ではこの辺りが一番都会だと思う。なんだか安心する。

小高い山を登るといつのまにか植物園の中に紛れ込んでいる。本来は営業時間内しか通行できないが遍路は時間外もいいらしい。
筆者はちゃんと時間内でしたよ。じゃないと納経に間に合わないのでね。

植物園を抜け31番竹林寺に到着。結構敷地が広い。
山門のところでおじさん4人組の写真を撮ることに。
納経した後ポンチョを広げてしばし乾かした。

今日はここまででネットカフェに泊まることにしていました。
ちょっと戻って牛丼屋で夕食。
コンビニで靴の水分を取るための新聞とライターを購入。
ネットカフェにチェックイン。小汚い遍路に対して嫌な顔ひとつせず対応していただきありがとうございました。

スポンサーリンク