深夜のコーヒーどこで飲むか 第2夜

The following two tabs change content below.
アバター

aki

愛知県在住のニート 気軽に簡単にコーヒーを飲むのが好き 最近は深夜に地元のニート友達と深夜にコーヒーを飲むのにハマり このブログを書いている。

こんにちは、akiです。※画像は焚き火の画像一つです。申し訳ありません。m(_ _)m

今回は愛知県のお隣の静岡県にやってきました。

といっても愛知県を抜けたすぐのところなのですが、とても良いところがあったので今回はそこにしました。

前回の焚き火を大変気に入ってしまった我々は今回も焚き火をしようと思い浜辺へとやってきたのです。

荷物はインスタントコーヒー、カセットコンロ(焚き火がうまくいかなかった場合用)、水、小鍋、コップ、新聞、簡単に張れるレジャーテント、ラジオ、スコップ、着火器具、食べ物(ソーセージ2本)

と、いろいろ持っていき今夜も深夜コーヒーを始めたのでした。

ちなみに焚き火に使用する木は現地に落ちている木を使用しています。

メンバー曰く我々がやっている焚き火のスタイルは「ネイティブスタイル」と言うらしく、

それを聞いた私は、「なんだかネイティブアメリカンっぽくてめっちゃカッコイイ!!」と思うのでした。

焚き火が完成し、しばらくしていろいろ気づいたことがあった、

意外と現地で薪を集めるのが苦労すること、やっぱり台や網がないとお湯が沸かし辛いということ、途中で買った100均のガスボンベはうちのカセットコンロに合わないということ、自分が不器用すぎるということ(←これは知ってたが、、、)

そして、今回は風が強く意外と寒い日のやってしまったことで、体が温まりにくい状況になってしまったことなのです。

ホントいろいろ勉強になりました。(;´Д`)

しかし良い発見もあったのです。持ってきたソーセージを割り箸にさして焚き火で焼いて食べたら皮はパリパリで肉はジューシーな今まで食べたことのない美味しさを醸し出していたのです。

メンバーはシャウエ。○○かといって言っていましたが、

ごめんなさい、安いソーセージです。(;´Д`)

しかし焚き火で安いソーセージがここまで美味しくなるとは思ってもいませんでした。

遠赤外線効果と言うやつでしょうか、、、次回は他の食材も試して行きたいところですね。

(チーズとか美味しそうかも・・・)

まあ、そんな感じで今回もコーヒーは捗りましたが、寒さに限界を感じて早々の撤退をしました。

おわり。

(星空きれいだったなぁ・・・)

※今回も焚き火の後処理はgoogle先生の下適切に処理いたしました。あと画像が見にくくて文章も拙くてごめんなさい。

スポンサーリンク