(グルメ&トラベル)東京で知るイスラム教イージーツアーに参加「東京ジャーミィ」&「メソポタミア」編!

The following two tabs change content below.
大帝オレ
はじめましてNEET株式会社取締役の大帝オレです。 前職解雇後に11ヶ月ほどニート生活を満喫していましたが、ふとしたきっかけで未経験からのフリーライター業を営みながら生活しています。 ※現在メシコレ(ぐるなび)、ネタとぴ(Impress)、トラベルWatch(Impress)、SPOT(アドウェイズ)などで執筆中。 ここでは自ら企画した社内イベントの様子、美味しかったグルメ情報、行ってみて面白かった場所などの感想を不定期に書いていきたいと思います。

NEET株式会社取締役の大帝オレと申します。

先日、某NEET株式会社取締役主催のイスラム教に触れる会に参加してきました。

今回はイスラム教に触れる会として体験した「東京ジャーミイ」見学、クルド料理が楽しめる「メソポタミア」食レポをお届けしたいと思います。

目次

東京ジャーミィ(東日本最大級のイスラム教モスク)
メソポタミア(クルド家庭料理のお店)
東京で知るイスラム教イージーツアーに参加してみて

東京ジャーミィ(東日本最大級のイスラム教モスク)

まずは、東京メトロ千代田線、小田急線代々木上原駅が最寄り駅の「東京ジャーミイ」へ。 なお、「東京ジャーミイ」は、トルコ系のイスラム教徒の方が建造された経緯もあり、1Fには「トルコ文化センター」も併設されています。 1Fロビーは売店も備えてあって割と広々! 休憩スペースにはメッカの方角を指し示すオブジェ! 何十人来ても安心な広々としたスペースおよび椅子や机などが備えられていました。 と、言うことで、礼拝所を見学するべく2Fへ。 2Fの礼拝所に入ると天井が高く広々としており、荘厳な雰囲気満点! また、イスラム教の礼拝場所は男性と女性とで別れており、下のフロアでは男性が、上のスペースが女性の礼拝場所となっています。 また、モスクは礼拝所としてだけではなくInstagram映えする場所として人気が高いこともあり、「東京ジャーミイ」の礼拝所も大変フォトジェニック!

もし、お近くにお住まいであれば一度は見学してみることをおすすめしたいと思います!

東京ジャーミイ
住所:東京都渋谷区大山町1-19
公式サイト:https://tokyocamii.org/ja/info-ja/

メソポタミア(クルド家庭料理のお店)

「東京ジャーミイ」の見学を終えた後は、十条駅まで移動した後「メソポタミア」へ。 「メソポタミア」では、主にクルド家庭料理が楽しめます! まずは、スパイシーな羊肉やブルグル(小麦を米のような形に砕いたもの)の食感が心地よい「ひき肉団子のブルグル包み揚げ」250円(1つ)をぱくり! 野菜の旨味や香辛料の風味が効いた「ポテトヤニ」450円は、爽やかな酸味と辛味が効いてうまし! 「ミックスケバブ」2000円は、薄いナンが添えられた串焼きメニューで、 旨味濃厚なラム串、食感と旨味がグッドな内蔵串、ジューシーな旨味満点な鶏肉串と外れなきウマさにバンザイ!夏野菜を煮込んだ「ムサカ」500円は、茄子やピーマンなどの食感や優しい味わいが感じられて、まさに「カポナータ」のようなウマさ! 「ブルグルピラフ」250円は、ブルグルのハリのある食感と、米のモチモチとした食感の違いが楽しめる上に、淡く下味が効いてナイスなウマさ! さらに、ピリ辛でみずみずしい美味しさの「オクラとひき肉のトマト煮」300円 。生野菜とスパイシーな香辛料との組み合わせがまさにオリエンタルな「羊飼いのサラダ」400円。 最後はおしゃれな器に入って「メソポタミアコーヒー」450円が登場! 「メソポタミアコーヒー」は、コーヒーの代わりにピスタチオをコーヒーのように炒って煮出したもので、苦味はほとんどなくコクのあるウマさが感じられる不思議な1杯!

ちなみにカフェイン0なので、寝る前に飲んでも良さげな1杯かも知れません。

メソポタミア
住所:東京都北区上十条1-11-8 3F
公式サイト:https://mesopotamiajp.jimdo.com/

東京で知るイスラム教イージーツアーに参加してみて

今回は、某NEET株式会社取締役のお誘いで、「東京ジャーミイ」&「メソポタミア」を巡る東京で知るイスラム教イージーツアーに参加してきました。

元々、都心に住んでいたこともあり、「東京ジャーミイ」がトルコ系の住民によって建造されていたことは知っていたものの、自由にモスクの見学が出来ることを知らなかったこと、近年Instagram上でモスクがフォトジェニックスポットとして人気を博していますが、実際にモスクに行ってみると本当に写真映えしていたこともあり、写真好きな方にはたまらんスポットであると感じました!

その後足を運んだクルド家庭料理のお店となる「メソポタミア」は、トルコや中央アジアに近いこともあってか料理は割と見慣れた物が多い上に味も格別!

前菜からメインまで通してみて優しい味わいな料理が多かったような気がします。

なお、NEET株式会社主催のイベントによっては外部からの参加を募っているものもあるので、もしブログにて紹介された中で興味があるイベントがあれば随時問い合わせよろしくおねがいします(参加不可なものもありますのでその時はあしからず)。

※NEET株式会社で行われている上に、今回のようにブログ化しているイベントに参加したいor興味がある、何らかの形で協賛(広告などを張っていただくなどスポンサーになりたい)、単純に興味がある方は下記お問い合わせ先まで連絡をよろしくお願いします。

問い合わせ先メールアドレス
meisuiyugi☆gmail.com
※問い合わせの際には☆を@に置き換えてください。

スポンサーリンク