人の温度

The following two tabs change content below.
Yoshihiro Ashby
繊細で頑丈。質実剛健なタフニート。平成2年生まれ。不定期に投稿。感じるがままに綴ます。
Yoshihiro Ashby

最新記事 by Yoshihiro Ashby (全て見る)

人の温度にはとても差があって人によって違う。価値観に近いものだと思っている。よく温度差と言われたりしているあの温度。僕は人と人の関係性によってその温度も近いものなのかと思っていた。けどそれは違った。そしてまた勉強になったと思うし今後も意識していきたいと思う。

自分と相手に温度差があると感じられる場合にはお互いか片方のみかの歩み寄りが不可欠になると思う。相手の温度に合わせ合いが大切だと思う。しかし時として自分だけが相手に合わせる必要がある時もある。

温度差はとても重要なファクターであって、心地の良い関係性を求めるのであれば調節が必要になる。

自分の温度を相手に押し付けるのは束縛だと言える。人を束縛する人は今までに何人かいた。自分は苦手だ。相手の事も自由で自分の事も自由がいい。人と会った後かなりのエネルギーを使ったことに気がつく。自分は1人の時間も必要なんだろうと気がつく。友好度や愛情度なんてメールやラインのやりとりの数では読めないし計れない。

色眼鏡を捨てて自分の物差しだけを信じない事が大切なんだと思った。自分の価値観や温度が絶対では無いだろう。温度差があるからといってそれが2人を分かつ大きな谷とは限らない。友人も自分と同じ温度だと過信してしまわないように気をつけて良い人間関係を築ければそれは最高の財産となる。

スポンサーリンク