できるニート男性のファッションについて

The following two tabs change content below.
たかはしよしぴろ

たかはしよしぴろ

わりかし数理系のダンサー、たまに天文解説。ラテン語から近所の猫まで。新しいものが大好きなので飽きやすい。隠れ古代ギリシャ勢。飲み会はドトールか、モス。12000大好き打点派の天鳳IDぴろくまだが、あんまり勝てないので、最近は、カタンや宝石の煌めきに夢中。ただ、そこでも盗賊を押し付けられてる。いまなりたい職業は、ポプ子。
たかはしよしぴろ

全裸でもいい動物の例

さて、暑い夏が続きますが、みなさん着る服はありますか?
こんばんは、たかはしよしぴろです。

最近は、
なんだかんだ言っても「人は見た目が9割」だそうである。

売れている本のタイトルだそうだが、中身は知らない。読んでないから。
と、10割読まないでお届けする今回のブログである。

今回は、大人の男性の立場から読んでいただきたい。

「トンチキファッション特集」

まずは、↑こちらのリンクをご覧いただきたい。

これは、今週7月24日火曜日、とあるラジオで放送された特集であるが、

「アタシ、ちょっと変わってるんです」アピールがしたいわけじゃない。「逆にいいよね〜」でもない。無難とはほど遠い、かといってファッション雑誌に載ってる服とも なんか違う、ちょっとだけトンチキな新概念「圏外ファッション」を愛する同志たちが、 TBSラジオ第6スタジオに集結し、何かに向けて徹底討論!

(リンク先の冒頭より)

こんな居酒屋のメニューのセーターを着ている女性はありか、なしかという
そんな上から目線の話を、これからしようとしているのではない。

むしろ、そんな男性諸氏は、何を着るんだいという問題である。

………

………

…さて、もう手詰まりである。

25歳以降の男性を襲う、ファッション地獄

女性ファッション以上に男性ファッションは、お手本がないのである。

「トンチキ」というのは、残念ながら、まだ「お手本」がある状態なのだ。
街にあるヒントといえば、

  • せいぜい20代前半までしか使えない男性ファッション誌
  • あきらかに値段が2桁違う、「ちょいワル」雑誌
    (↑といっているが、
    収入状況からして購買層の大半がマフィアかと思われる)
  • どうやら、チェックシャツは、相当地雷らしい。
  • あとは、小太りおっさんのどこが涼しいのかわからない、クールビズ。

くらいのヒントしかない。

地図もないまま、トレジャーハンターをするという、
もう無謀の極みなのである。

「服を着る」という選択

こうなれば、一番合理的だと思われるのは、
「ぼくはシャネルの5番で過ごすと宣言することだと思うが、

なぜか、それでは、一歩外に出ると捕まってしまうのである。

そう、おろか者には、シャネルの5番は、目に見えないのであった。

  • 服は着なくては、いけない
  • かといって、何を選んだらいいか、わからない
  • とりあえず、スーツ

という選択をして、
とある未開民族の男性は、夏の猛暑で死に絶えたという記録は有名である。

では、結構文字も書いてしまったので、実践編

おしゃれは、足元から

先日、親にくつを買ってもらった。

ぼくは、物持ちがいい方で、穴の開いたくつでも、
雨が降ってなければ履いていたくらい、物持ちがいいのであるが、

どうやら、うちの親にとっては、それは物持ちがいいとは違うようで、
どちらかというと、「もうどうしようもないので、買ってあげましょう。」
というチャリティ精神をあおってしまったらしい。

…で、早速いいと思うくつを見つけたが、女性用

ただ、奥の男性用のくつのコーナーを見るにつけ、
「大き目のサイズがあるんであれば、女性用でもいいな」と思って、
一番大きなサイズのくつを履いたが、さすがにキツかった。

おかしいなと思って、「あれ?29.0まであると思って」と看板を指差したら、
さすがに間違いだったそうだ。

もう奥の男性用コーナーに入ると、さっきの女性用の華やかな彩りとは違い、
「どうせ、お前ら、黒一色でいいよな。」くらいの色の少なさなのである。

少なさというか、むしろ一択しかも、革靴推し。

「まぁ、黒が嫌なら、どぶねずみ色もありますよ」という男性ファッションあるある
だった。

なんとか、ネイビーのスニーカーを選んで、新たなくつを手にいれたものの、
まだ、服を手にいれていないので、外に出られるには程遠い。

トレジャーハンターの旅は、まだまだ続きそうである。

(たぶん、来週は来週で違う話、書きます。)

スポンサーリンク