【演劇ワークショップその1】舞台で注文した宅配ピザを食べる。

The following two tabs change content below.
たかはしよしぴろ

たかはしよしぴろ

わりかし数理系のダンサー、たまに天文解説。ラテン語から近所の猫まで。新しいものが大好きなので飽きやすい。隠れ古代ギリシャ勢。飲み会はドトールか、モス。前までなりたい職業は、ポプ子だったが、結果として何だかんだいうわりに、最近は、どう見ても肉体労働をしており、「倉庫の2階ロケに先入先出」という高さと重量というアトラクションに翻弄されまくっているらしい。
たかはしよしぴろ

主役

あなたにあった求人があります!」のメールみたら、
「メイドカフェのメイド」だった皆さん、
こんばんは、ぼくは、たかはしよしぴろです。

ホントに応募したろか、とは、さんざん考えたのだが・・・)

今回は、私ごとながら、実は、舞台に立つパフォーマーである側面をお話ししたいと思う。

「プロフェッショナルなんちゃらの流儀」とか、「どうでも大陸」みたいな
気持ちで読んでいただければと思う。

パフォーマー、こだわりの条件

じつは、ぼく、よしぴろが舞台に立つには、絶対に呑んでもらわなくていけない条件がある。

最初から、台本が書かれているもの、そのままはやらない。
基本的には自作のもののみ。

このこだわりの理由は、3行以上のセリフは覚えられないからという理由が大きい。
暗記や記憶に頼った演技はしないとも言える。

(ただし、一般的な作品からしてみたら、段取りはむちゃくちゃ多い。

衣裳は普段着とジャージの間と決めている

舞台作品をつくる過程で、衣裳合わせほど、無駄に思っちゃう工程もなくて、
衣裳なんかどうだって、いいシーンは、よく見えるし。

衣裳を着ちゃったら、うまくなった気がするのも危ないし、
ジャージで出来てた動きが衣裳で出来なくなったら意味ないし。

あと、めんどくさい。

なんだか、わからないけど、コアラたちのぬいぐるみは、必ず出る

必須。出演するぬいぐるみ、最初は1匹だったが、
いまでは6匹くらいのファミリーになっている。
「幸せそうだから」とくれたり、「道で拾ったり」で、出演するぬいぐるみが増えた。
この際、プロダクションでもやろうかと思う。

彼らの極端なミスの少なさは魅力である。

・・・という以上のたった3要件さえ満たせば、案外、どんな舞台でも出るのだが、
なぜか、オファーらしきものが来ないので、

こっちから、それらしき場所をかぎつけて、行って、やることにしていた。

最近、それらしきことは、やっていなかったのだが、
年数回くらい、ワークショップの類には、顔を出しており、

参加したワークショップは、
だいたい、わけのわからないことになっている。
ぼく個人は、普通にやっているつもりなのだが)

ここでは、以前、参加したワークショップの話をしたい。

このワークショップは、

  • 台本は、書かない
  • セリフの練習もないし
  • 演技指導もない
  • 本番で何が起こるかわからない

という特徴があり、「これはぴったりだ」と思って、真っ先に応募した。

作品の上演中にピザ取ったことある?

そのワークショップで、作品発表の前日、
なんだかんだ、いろいろ参加者みんなでアイデアを出して、そのアイデアを精査し、
なにが演劇で、なにが演劇でないかを1時間半以上話し合った結果、

「作品の上演中に宅配ピザを取る」ことになった。

このピザは、単なるハプニングではなくて、作品構造を支配しているピザである。

  • 上演開始直後、2件のピザ屋さんに、ホントに電話をかけて注文
  • 2枚のピザが届く間、いろいろな話をして、
  • 2枚目のピザが届いて食べおわると作品も終わる

という構造であった。

ちなみに練習と本番で各2枚、計4枚のピザを頼んだが、
この4枚すべて、頼む店も変えている。

念の入れ方が違う。

さて、こういう作品を上演していて、いったいどんなドラマが起こるのだろうか?
それは、ドラマと言えるのだろうか?

・・・と思って届いた1枚目。

「上演中ですけど、そのまま入ってください。」

上演を観に来た、客席の皆様からは、ピザ屋さんの姿は見えているが、
ぼくも含む演者たちからは、見えていない。

ただ、後ろでは、バイトのピザ屋さんの役の人(本物)が、
明らかに動揺して、もたついている感じがわかる。

そして・・・

(ちゃり、ちゃり、ちゃりーん)

釣り銭が入った袋から、お金をこぼしたようだ。

見たくてしようがなかったが、なにが起こったのか、すぐわかった。
そして、演者でありながら、吹き出しそうになった。

これは、たしかにドラマだった。

(届けていただいた、ピザ屋さんの皆様、遅ればせながら、
この場で恐縮ですが、感謝申し上げます。)

↓こっちは、他の作品の上演写真

これはほかの作品の上演写真

スポンサーリンク