エクストリームしりとり特集【「ね」ではじまり「の」で終わる言葉を探せ】

The following two tabs change content below.
たかはしよしぴろ

たかはしよしぴろ

わりかし数理系のダンサー、たまに天文解説。ラテン語から近所の猫まで。新しいものが大好きなので飽きやすい。隠れ古代ギリシャ勢。飲み会はドトールか、モス。前までなりたい職業は、ポプ子だったが、結果として何だかんだいうわりに、最近は、どう見ても肉体労働をしており、「倉庫の2階ロケに先入先出」という高さと重量というアトラクションに翻弄されまくっているらしい。
たかはしよしぴろ

しりとりジャッジマスター

日付けも6月2日土曜日に向かっている金曜日のこの時間、
こんばんは、たかはしよしぴろです。

金曜の夜、すっかりナイトフィーバーしている、みなさまには、
たいへん申し訳ないのだが、

今回は、今週月曜朝の話をしたい。

ビジネスマンデーの始まりと、われわれの戦い(←誰と?)

世界が動く東京の朝、あわただしく動く電車と人々、
車のクラクションとともに目覚める朝。

そんなTOKYOシティ(ぼくは仙台にいるけどな)で、ニー株の皆がしていた
「負けられない戦い」とは?(←誰に?)

「しりとり」

である。

あらかじめ、言っておくと、「しりとり」正直なめてた。

ニー株の秘密を思い切り暴露してしまうが、

社内では、24時間いつでも好きなときに「しりとり」ができる装置が存在している。

ニー株の人々は今日もここに集い、ことばと知能の格闘技を楽しみ、
文学的センスおよび、クリエイティビティを培うのである。

要するに、まとめると、ひまつぶしである。

月曜日朝6時39分、すべては、この一言より始まった。

「やっぱり、ウサギ好きだな」《→》(ハニーキティ)

↑まず、この回答にいろいろツッコミたい諸氏もいるであろうが、

セリフ回答はOKのルールになっている上、この回答くらいは、大目に見ていただかないと、
この先が進まない。何せ、エクストリームしりとりなのである。

それに、ウサギかわいいし。あの小さい両手と口でレタスを食べるところがなんとも言えずかわいい。

(回答してくれた、ハニーキティさんのブログはこちらから。)

今後、この答えがルールどうのこうのという次元に収まらない回答がいっぱい出てくる

いずれにしても、これを受けた、すぺあさんの回答がこちら。

「アリペ」《→》(すぺあ)

午前8時11分の回答である。冷静に考えると「アリペイ」が何を指しているのか、
わからないのだが、そのことを調べる前に、こんな回答が出てきてしまったのでしょうがない。

「イベリコ豚野郎」《→》(じーてぃ)

あれ?似た言葉は聞いたことあるんですけど、こんな言葉あったっけと思って、
ググって見たら、そういうtwitterアカウントの人がいたので、セーフにせざるを得ない。

「浮世絵」《→あ→い→う→えと来てますね》(たかはしよしぴろ)

さて、ここで、ヘンな誘惑を入れている。
(ぼくは、このとき、た行やな行での惨劇について、まだ考えてもいなかったのである。)

これに応えた、じーてぃ氏、
さっきとは、まるで違った鋭い回答で斬りこむ

「笑顔」《→
「オンエア」《→
「愛」《→》(以上、3つとも、じーてぃ)

「一度に3つも言う?」《→》(たかはしよしぴろ)

3つ言ったのは、すごいが、また「」に戻ってしまった。

セリフ回答もありなので、最後のぼくの回答も一応ありである。

「牛の絵」

いや、やっぱ

「馬の絵」《→》(じーてぃ)

この答えの訂正は、どんな作戦かはわからないが、注意を拡散させる作戦だと思われる

だいたいにして、「う」で始まって、「」で終わっているところは同じだし、
「の」が消える方向に訂正するでしょ。ふつうは。

「エスキモー」《→モ、または、母音取りで、》(たかはしよしぴろ)

「丘」《→》(じーてぃ)

か行に入って、ここで月曜午前9時

仕事が始まる時間であるが、ニートは「しりとり」が仕事であるので、関係がない。
むしろ、「早出」して「しりとり」をしているとさえ言える。

「カー」《色の名前、→》(たかはしよしぴろ)
「菊」《→》(じーてぃ)
「食い気」《→》(たかはしよしぴろ)
「下戸」《→》(じーてぃ)
「コム」《ファッションブランド、→》(たかはしよしぴろ)

か行は、わずか2分で制覇した。なお、これも後付けルールであるが、

今回、濁点のあるなしなんて細かいことには、こだわらないことになっている。

しかし、ここで、ハプニングが起きる。善意の第三者の乱入である。

「サイザルア」《植物の名前、→》(大帝オレ)

よかったーーーー、つぎも「」で。夢費えずに済んだ。

「匙」《→》(じーてぃ)
「ジーンズ」《→》(たかはしよしぴろ)

)→)と順調に進んできた。

さて、ここで、再び、あの人の登場である。

「逗子市」《→》(大帝オレ)

あれ?「」から「」に戻っちゃった・・・?

なんというわけでもないが、
放送は、ぜひできれば番組最初の方からチェックしていただきたいものである。

・・・が、

「シーメン」《→》(たかはしよしぴろ)

「ずっと探してた!」《→》(じーてぃ)

「絶対だ!」《→》(たかはしよしぴろ)

さっきの大帝オレ氏の回答について、
われわれが、なんたらかんたら言う資格はなかったようだ。

た行に突入、新出単語がいっぱい出てくるぞ(←いいのか?)

「ソー」《→》(じーてぃ)

「ダチーチー《宇多丸さんの番組で、音楽であがる要素として提唱されてた新概念、→》(たかはしよしぴろ)

ここで、「ダチーチーチ」日本人の98%には、わからない単語が出てきたが、

これは、ちゃんと、TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」で出て来て、
特集されていた言葉なのでセーフである。

・・・しかしながら、「新概念」に歯止めがかからなくなっていった面は否定できない。

さて、「」で始まって、「」で終わる言葉であるが・・・

「チー」《チーズの誤表記、→》(じーてぃ)

誤表記もアリなんかい!

もはや、しりとりというよりは、新概念 vs. 誤表記の代理戦争である。

「ツ」《→》(たかはしよしぴろ)
「帝都」《→》(じーてぃ)

「留め名」《落語で名人すぎるので誰にも継がせない芸名、→》(たかはしよしぴろ)

やった!な行に突入である。・・・が、ここで、あの人の登場である。

「ナッ」《→》(大帝オレ)

(ここまで、回答してくれた大帝オレさんのブログはこちらから。)

なんというか、「このときは、「」かよ~」というよりは、

「このまま、終わってくれたらいいな。な行難しすぎるよ~」
」から始まって「」で終わる言葉探すの、難しすぎるということに気づいてしまい、

これで、安堵の息をつくも・・・

「パニパ」《パニパニゲームの掛け声、→》(じーてぃ)

まだ、やるつもりだったーーーー。

もういよいよ、ヨーロッパ系の女性の名前を辿るくらいしか手がなさそうと思ったところに、

さっきの自分の言葉をヒントに、禁断のリンゴに手を出してしまった。

「逃げ犬」《逃げている犬のことをいう新概念、→》(たかはしよしぴろ)

あのな、さっきは新概念だけど、あった言葉だからいいよ。
今回は、本当に、いま出来たてホヤホヤの新概念じゃん。
少し冷ましてから出さないと、お客さんヤケドするってば。

しかしながら、もういよいよ「」から始まって、「」で終わる言葉あるのだろうか?と考えて数分。ぼくは自らピリオドを打とうとした。

「ヌクレオチ」《DNAを構成する単位、→》(たかはしよしぴろ)

「もう、これで終わり」と思って、これを投稿して1,2秒後

「盗んだ金」《→》(じーてぃ)

こんなパワーワードが来たら、こっちで続けざるを得ない。

「ねんどイねんどで作ったイノシシの総称を指す新概念、→》(たかはしよしぴろ)

しりとり新しい言葉を定義し始めてしまった。

もはや、われわれのボキャブラリーは、広辞苑の手の届かない範囲に来たといってもいいが、
なにかいけない気がする。

「ノ」《英会話教室、厳密に言うとノヴァだが日本人が発音するとこうなる→》(じーてぃ)

「バニ」《アイドルユニット・バニラビーンズの略称、→》(たかはしよしぴろ)

つぎは、「」から「」であるが、この難問には、誰も答えるものはいなかったので、
今回は、ここまでであるが、またいずれ挑戦したいと思うかどうかはわからない。
だいたいにして、な行が難しすぎる。

それに、「」から始まって「」で終わる言葉って、何だ?難しすぎやしないだろうか・・・
・・・
・・・

【解答例】

「皮膚」《→ふ》

あ。

スポンサーリンク