目が涼しい

The following two tabs change content below.
Yoshihiro Ashby
繊細で頑丈。質実剛健なタフニート。平成2年生まれ。不定期に投稿。感じるがままに綴ます。
Yoshihiro Ashby

最新記事 by Yoshihiro Ashby (全て見る)

最近、自分がイケメンなんじゃないかと疑っている。

今までの人生を振り返って、思い当たる節がいくつかある。

①容姿をイジられたことがある

これは、キャラ的にイジりやすいから指摘されやすかったのだろう。普通にイジられたりもしてたが、容姿についてガーガー言われたことが何度もある。

罵詈雑言を浴びせられる場面なんて全く無いが、容姿について言われたことはある。

ただ、“容姿をイジるのはヨロシイことではない”ので、単に周りの人間が“非常識”だったのかも。

②たまに容姿を褒められる

お世辞なハズ…

③「黙ってればモテるよ」と言われた。

やんちゃだった中学時代、不良だった同級生に言われた。いやはや当時はなんのこっちゃ分からなかったが、最近思い出して言葉の意味を理解した。それは正にお世辞だ。

うむ。自分の顔を鏡でマジマジと見てみると、中々にイケテル気がしてきた。素材がとても素晴らしい。なんといってもお目目が涼しく切れ長でキラキラ輝いてる。そして、ノビシロが豊富にある。

ただ28歳という年齢はイケテルだけじゃどうにもならんわな。

うむ、自分の目が切れ長キラキラでなかったらと思うとマジで怖い笑

今の自分の現状で、“自信”の持てない容姿だったら、今までそりゃもう沢山の女性への突撃も出来なかっただろう。そして、突撃したとしてもしなかったとしても女性はクレイジーだとかんじていただろう笑笑

もしかしたら昔からイケテルことに気づいていたのかもしれん。それ故に色々と努力をしてきたのかも。イケテナイと思っている人も努力しだいでイケテル人になれるのに。

なんと感慨深い話でしょー(*Д*)オロロー

スポンサーリンク