興味の話

 

私が死ぬまでにやりたい100のこと!みたいなものではないです。

将来的にやるやらないではなく、今現在興味を持っていたりすることの内、いくつかを書いてみます。

 

職業

〇看護師

手に職系の仕事というか、資格業に就いてみたいです。

ニート脱出の選択肢としてよく挙げられている&コスパ最強の資格として語られることが多いので、少し興味を持っています。

この業界はお礼奉公なる独自の奨学金制度が充実していますし、聖路加国際大学が2年で卒業できる制度を始めたことも魅力的な要素です。

ただどう考えても本質的にやりたいことではないし、単純に業界や制度面に興味があるという方が近いので、よっぽど選択肢が無くなった時ですら、ならないとは思います。

 

〇美容整形外科医

容姿の話でも書いたように、生まれつきの外見で人間社会上の価値が上下するのが許せません。

今のところ最も有効に解決できそうなのは美容整形外科医なので、可能なのであればなりたいです。

さらに妄想するのであれば、この業界の金儲け主義なところも気にくわないので、激安クリニックを開業して価格破壊を起こしたいです。

もし目指すとなると狭き道&遠き道です。

 

〇漫画家

昔から漠然と漫画家になりたい願望がありました。

ただ実際に描こうとしたことは一度も無いので、数年内に試しに描いてみる予定です。

出版社に投稿して連載する職業的漫画家というよりは、余暇に個人のWeb上で発表したり、たまに依頼を受けてフリーランス的に描くのが理想です。

また、暇つぶし的に楽しめるライトな作品ではなく、読んでくれた人に何かしらの影響を与えられるような作品を作ってみたいです。

 

〇フリーター

どちらかというとスペシャリストよりもジェネラリスト志向で、何でも自分でやってみたい、できるようになりたいという気持ちがあります。

そこでいろんな業界を覗いてみたいのと思うので、いろいろな仕事を転々としまくってみたいです。

正社員で転々とするのはなかなか難しい部分があるため、必然的にアルバイトや契約社員になると思います。

しかしその場合、マネジメントやリーダーシップといった上流工程(?)的なスキルが得られにくいのが残念なポイントです。

 

習得

〇英語

ありきたりですが、英語が喋れるようになりたいです。

やろうとさえすればいつでもできると思い、今まで全く手を付けてきませんでした。

やはりどんなことであれ、ある程度強制力がはたらく環境というのは体感以上の価値があるのだなあと思います。

時間さえ許すのならば、英語以外にも中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、ロシア語、アラビア語あたりも勉強してみたいです。

 

〇プログラミング

英語と同様、必要性に強く迫られることが無かったため、先延ばしにしてきた感じです。

もともとの興味はほとんど無いですが、今後の世の中はITだと実感しているので、時代に後れない為にも勉強したいです。

プログラミングに限らず、パソコンの周辺知識を一から身に付けたいです。

余談ですが、コンピュータ系のあれこれを情報(Information)と呼ぶのが昔からピンとこないのですが、誰か詳しい人解説して欲しいです。

 

〇美術

何かを作り上げられる&表現できる技術が欲しいので、絵が描けるようになってみたいです。

イラストの模写というよりも、デッサンから勉強したいところです。

またせっかく学ぶのであれば、デザインや色彩、教養として芸術全般の知識なんかも身に付けたいです。

この場合映像や音楽なども関連して学ぶのが良いのだとは思いますが、今のところそれらの優先順位は低めです。

 

〇美容

美容整形外科医のことと関連して、化粧やエステなんかを含めた総合美容を学んでみたい気がほんの少しあります。

不細工が原因で悲惨な日々を送っている人々の人生を、素晴らしいと思えるようなものに変えたいです。

しかし、そもそも自分自身の美容についてすら全く興味がないので、これは多分表面的になぞって満足するような一時的な興味な気がします。

最近男女間の嗜好、感性、考え方の違いに興味があるので、それ由来の興味な気もします。

 

その他

〇ロボット

プログラミングにも少し関連しますが、将来的に美少女アンドロイドを製作してみたいです。

大学の方が環境が整っていると思うので、おっさんになったら夜間の工学部にでも入りなおそうかと考えています。

ただ、現在は3Dプリンターなんかも発達しているので、個人でも作れるようになるのかもしれません。

よく知らないですが、この場合の言語はPythonあたりから始めればよいのでしょうか。

 

〇自習室経営

ビジネスや起業には全く興味が無かったのですが、20代中盤にして初めて、自分で事業を経営してみたい願望が少しだけ出ています。

学習塾が始めやすくて良いみたいですが、同じ教育関連であれば自習室の方がやりたいです。

実のところ暇なときに結構妄想しています。

ただ、場所と人が必要な経営はいろいろと縛られる部分が多そうなので、何か良い機会でもない限り始めることはないと思います。

 

〇旅人

子供の頃キノの旅に憧れていたので、旅人になりたいです。

職業として成立させることは難しそうなので、まあ無難に老後になってから楽しみたいと思います。

それまでにグローバル化が進行し、旅行先で気軽に働ける世界になっていると理想的です。

ただグローバル化は負の側面もあるので、その頃まで自然と文化が十分に残っていれば良いのですが。

 

〇資格

いろいろな資格・検定をゲットしまくってみたいです。

時間もお金もかかるので、やるのであれば長期的に少しずつ取っていく感じになるのでしょう。

今現在心惹かれているのはきのこ検定です。

あと余談ですが、収集(コレクション)は人間の根源的な欲とつながりがある気がするのですが、どのような心理の仕組みがあるのか気になります。

 

最後に

書き出してみると自己分析できて面白いですね。

本来ならば就活生の時にやるべきなのでしょう。

文系だったくせに法律、金融、国際、経営等のビジネス色の強い分野にはあまり興味が無いです。

また、社会を変えたい/弱者に手を差し伸べたい/何かに貢献したい、みたいな崇高な気持ちや、お金を稼ぎたい/有名になりたい/異性にモテたい、といった俗な気持ちは強くないです。

基本的にはとにかく自己満足がすべての根源にあるので、企業人に向いていないのももっともな感じがします。

正直やりたいことなんて無限にあるし、いくらでも心変わり&目移りしますが、何であれ妄想に留めずひとつひとつ処理していくように心がけます。

スポンサーリンク