昨日の番組「2人の#」について

The following two tabs change content below.
Outerkey
Outerkey(アウター・キー)です。 仲間内からは、たいていアウターと呼ばれてます。 ゲーム開発やってます。今は主に縦STG作ってます。 その他に、ニー株非公式同人サークル「にーかぶ」の企画・運営、 「ゲーム配信企画部」での、マイクラ東京タワー建造計画の企画・運営、 ニー株の「デジタルゲーム事業部」にも参加しています。 いろいろ手を出してる所為で、どれも中途半端になりつつある。なんとかせねば・・ このブログでは、自分の活動記録を中心に、思ったことをいろいろ書いていく予定。
Outerkey

最新記事 by Outerkey (全て見る)

昨日のEテレの件ですけど、もう一人のハヤカワ氏の方は、要はベンチャー企業で結果を出してる成功者的な扱いなわけですよね。 それに対して、仲さんはうだつの上がらないニート的な扱いになってる。 これだと、結局、今までの社会的価値観で二人を照らし合わせてるだけなんですよね。 そりゃ、所詮はニート的な扱いになる。
仲さんは、今の社会体質そのものへの疑念があるからこそ、普通の働き方も、現存の社会的価値観も選ばなかった人だ。 その点があの番組には全く表現されてなかったのかな・・と、そう感じます。
ただ単純に、社会に不満があるから甘えてるだけのニート、とレッテルを貼ってしまうのは簡単です。ですが、自分で自分なりの生き方を摸索している人と、そうでないただ無気力なだけの人をその一言で全部ひとまとめにするのはさすがに大雑把すぎるかと
こういう事いうと、何だかんだと屁理屈言って、結局は親の金に頼って生きてるとか、社会に寄生しているとか言われるわけですよ。 社会体質への不満なんて、所詮は言い訳だってね。 でも、ツイッターとか眺めてればわかりますけど、今の社会や仕事への不満があれだけ呟かれてて、ブラック企業や過労死があれだけ社会問題になっているわけですよね。
批判する人って、そういう現実があるにもかかわらず、それに関してはただ、長いものに巻かれてるだけの人達なんですよね。 その点、仲さんはちゃんと行動でその不満を表した人だと言えると思うんですよ。
そういう意味では、今の国民の不満を世間に訴える代表者とも言えるのに、それを叩くのってすごく矛盾していると思うんですよ。
長くなったので、要点を言うと 今の社会的価値にあった結果が伴っていないからって、そもそも、新しい価値観を提唱している人間をむやみに叩くのは、愚かだって感じでまとめようと思います。
3/21追伸
NHKオンデマンド 2人の# 「#就活やめた」は以下のリンクから視聴できます。
スポンサーリンク

コメント

  1. カイリ カイリ より:

    昨日の番組は、情報による印象操作というのが初めて実感できたので良かったです。
    情報を鵜呑みにせず批判的に読み解くというのは度々教育されることですが、意外と難しいことなんですね。
    最近も正常性バイアスという言葉を覚えましたが、印象というのは外部からも内部からも簡単に操作され得るのだなあと思いました。

    企業に属さずに会社員を批判するニートも、企業から出ずにニートを批判する会社員も、自分が積んできた経験と選びとってきた情報が異なるので、意見が異なるのも当然であると感じます。
    異質な他者に対して、ろくに理解もせずに大まかなイメージで語ることは本当に危うい行為だと思いました。

    私たちに関しても”会社勤めすべき”みたいな古くさい考え方は、一方的に切り捨てがちになり得るので、相手の主張意図を十分に理解するように気を付けたいところです。
    実際のところ、目的によっては一般企業やその他団体に属した場合の方がよさそうな人生もあるわけですしね。

    夢を追う形は本当に多種多様だと思います。
    理不尽な感じはありますがその過程が何であれ、結果として実現さえすれば認められるのでしょう。
    昨日の番組ではハヤカワさんは頭脳、行動、努力によって一定の実績を出した雰囲気が出ていましたが、仲さんはどれも中途半端で道すがらな雰囲気が出ていました。
    若干の悪意というか都合による編集は事実でしたが、同時に各人が受け取った印象も事実である可能性を念頭にいれつつ、頑張りたいところです。

    余談ですが、番組名の”人”という字が読みにくくて、どうやっても”α”に見えてしまいました。

    • Outerkey Outerkey より:

      カイリさんコメントありがとうございます。
      コメントの内容は全面的に同意できます。

      自分の置かれた価値観に縛られて、他の価値観が見えなくなる事態は、私も常に危惧する所です。
      なるべく、多方面から状況を見つめるようには心がけていますが、こういうものは気づけなければ気づかない。という面もあるので難しいですね。

      私も決して、会社勤めや、既存の社会的価値観に属することを批判するつもりは毛頭ありません。
      就職することの最大のメリットは、大雑把に言うと、人生を選択しなくても良いこと。安定した生活を送れることだと考えてます。
      そういう、安心・安定した人生を送ること前提ならば、普通に就職するのが正解なのでしょう。

      ただ、誰もが皆、そういった人生を望んでいるわけではないとも思うのです。
      そういった意味で、もっと、様々な生き方を選択ができる社会。その手助けとして、ニー株が一役買えるようになるのが私の願いです。