お金の話

現在、口座残高が一万円ほどしかありません。

そろそろ何か適当にバイトしようと思うのですが、サクッと働けそうないい感じのバイトがありましたら教えてください。

 

道具としてのお金

お金の有用性は物凄いと思います。

何か目標が無いのであれば、とりあえずお金を貯めておけば、後から別のものに変換できます。

しかし本来的には、お金自体は価値を代用するためのツールであって、目標になるようなものではないと思っています。

お金を稼ぎたい、貯めたいという人は、あくまで後々便利になることを見越しているからであり、主に欲望に突き動かされている面が強いのではないでしょうか。

何か俗ではない目標が決まっている場合には、お金は第一目標たり得ない気がします。

勿論、目標としているものに必要不可欠だからお金を貯めている、という場合もあるとは思います。

また、圧倒的有用性を持っているので、ある分にはありがたいものですが。

 

投資

私は以前金融系に勤めていましたが、投資関連の知識がありません。

証券外務員の資格も取らされた覚えがありますが、もう全く覚えていません。

その頃は丁度ビットコインを買おうか迷っていたことがあったので、手間を惜しまず買っておけば良かったかなあとは思います。

投資は社会生活を営む上で知っておくべき知識だとは思っているので、いずれ勉強しようと思っているのですが、まだしばらく先になりそうです。

 

お金とライフプラン

セミリタイアには~千万円、子育てには~千万円、老後には~千万円必要、みたいな話をよく聞きます。

これを聞くたび、疑問に感じてしまいます。

一応、参考とか目安として有効な指標なのだとは思いますが、ウェブ上のさっぱりした解説のせいもあって、数字だけがひとり歩きしている感じがあります。

特に自己紹介欄でファイナンシャルプランナー資格を強調した感じで書かれていると、自分には合わないタイプの記事である確率が高いです。

まあそもそも金融業なんて、お客さんを煽ったりうまく言いくるめてなんぼ、みたいなところもありますしね。

 

お金と職

子供の頃から、職が無い、暮らしていけない、みたいな発言に対しても疑問を感じていました。

生きるだけの最低限のお金くらい稼ごうと思えばいくらでも稼げるだろうし、わざわざそれを補完してくれる施設や制度がそろっているではないかと思っていたのです。

大人になってみて、あの頃の感想は大体はあっていたのだなあと思います。

ただ、子供の頃は精神が弱った人の感覚を知らなかったので、何か行動をしようと思っても必ずしも動けないことがあることは、想像を超えていた気がします。

まあ手段がある事実は変わらないので、もしかするとそれすらも甘えだと言い切ることができるのかもしれませんが。

 

最後に

金を稼ぐことはある意味人生において、全人類参加型の世界最大ゲームと言えなくもないので、そう捉えるならばそれはそれでめちゃくちゃ面白いと思います。

気持ちが行ったり来たりしてお金に振り回されることが、一番大変なことな気がするので、そこだけは気を付けたいところです。

<追記>

先日知り合いが、タイのバーで石油王の息子と友人になったと言っていました。

よくある内容でしたがつい熱心に聞き入ってしまったので、お金持ちというだけで話題としての威力は絶大なんだなあとか思いました。

スポンサーリンク

コメント

  1. ゆう より:

    自分が働いてる所来ますかー?
    1現場いくらみたいな感じで1分~4時間は4200円程度4時間半からが7000円ちょいとかですね
    楽な所もあればきつい所もあります…
    慣れてくると1日複数現場です!

    会社は押上近辺です

    • カイリ カイリ より:

      コメントありがとうございます。
      お仕事の方もご紹介いただきありがとうございます。
      せっかくなので社内でも紹介させて頂きます。
      今後ともどうぞよろしくお願いします。