睡眠の話

睡眠が好きです。

疲れが取れるのも好きですし、夢を見れるのも好きですし、まどろんでいく感じも好きですし、精神が落ち着くのも好きです。

夏の暑さの中死なないように少し離して扇風機を付けて寝るのも好きですし、冬の寒さの中暖かい布団にくるまって寝るのも好きです。

旅館で寝るのも、ビジネスホテルで寝るのも、カプセルホテルで寝るのも、ゲストハウスのドミトリーで寝るのも好きです。

電車で寝るのも、公園で寝るのも、キャンプで寝るのも、野宿で寝るのも好きです

寝ていると、とても幸福な気がするのです。

趣味を聞かれて、睡眠と答えることもあります。

寝ることが好きと答えると、ダブルミーニングになる可能性があるので、気を付けています。

 

寝たくない

一方でやるべきことに向かっているときなんかは、睡眠がとても邪魔くさく感じることもあります。

人生の3分の1近くを睡眠で消費していると思うと、非常に気にくわないです。

私は長時間睡眠の人間なので、一日78時間寝ます。

たまにショートスリーパー目指して睡眠時間を徐々に減らしていったりするのですが、ホリエモン氏と同様、基本的に7時間を切ると明らかにパフォーマンスが落ちます。

たまにテレビなどで睡眠をとらない人の特集などがありますが、物凄く羨ましいです。

ただ、寝ないと脳細胞が死滅するらしいですし、寿命が一番長いのは7時間睡眠であるみたいな話を聞くと、仕方ないことだと受け入れるべきな気もします。

あと、寝すぎて逆に疲れると、その一日だるくて寝すぎたことを後悔します。

 

タスクと睡眠

仕事や勉強している人へのアドバイスとして、20分前後の昼寝を取るとよいというものがあります。

これは間違いないと思います。

無理して続けるよりは、一度寝た方が最終的な達成度は断然よくなる気がします。

私は昼寝も好きなので、気にせず一時間くらい寝ることが多いですが。

働いている頃の昼休みは昼飯をあまりとらず、寝ていることが大半でした。

食事をとりすぎた後は眠くなって効率が落ちるのは実感していたので。

あと、理系大学生や社畜に多い気がしますが、睡眠が十分にとれないことが続きそれが常態になると、脳があまり働いていないこと自体自覚できなくなるらしいですね。

それを補おうとして週末に寝だめすることも良くないとか。

 

睡眠の研究

睡眠に正解は無いと思います。

人によって適切な睡眠時間は違うらしいですし、1.5時間周期の睡眠も近年否定されたと聞きました。

ただ、そういった研究は結構行ったり来たりするイメージなので、またすぐ覆るかもしれません。

22時~2時が成長ホルモンのゴールデンタイムという話も、行ったり来たりしている代表格ですね。

結局は人並みの意見ですが、情報にあまり流されずいろいろ試してみて、経験則で自分に合うものを選ぶのがよいのでしょうか。

ちなみに、人間の日周期は25時間という調査結果がありますが、ニートをしているとこれが事実であることを感じます。

22時就寝翌日6時起きの規則正しい生活をしようと意気込んでいるのに、どうやっても少しずつ後ろにずれていき、多くの場合、半月くらいで一周します。

  

好みについて

私はふかふかのベッドで寝るより硬めの布団で寝るのが好きです。

一時は何も敷いていない床に寝袋で寝ていました。

枕はあってもなくてもいけますが、これも硬めが好きです。

あまりに狭くて硬いところで寝ると、寝返りができないからよくないというのは聞きますが、どうなんでしょうね。

今まであまり体に悪い影響を感じたことはないですが。

体重が比較的軽いことが、影響が少ない理由な気がします。

睡眠には金をかけろというのもよく聞きますが、今のところ必要性は感じていません。

お金もないですし。

睡眠に関連してロフトベッドが好きなのですが、これはまた別で記事にします。

 

最後に

書いていたら意外と書きたいことが多くてびっくりしました。

量的にはやる気のない大学生のレポートと同じくらいです。

これまで睡眠についてこれほど考えてきていたんだなあと感慨深いです。

取り留めもなさ過ぎて全くオチが無いですが、硬い床の変換予測候補が片井由香だったのがちょっと面白かったです。

誰。

スポンサーリンク