【ザ・ドキュメント】目クソは鼻クソを笑えるか

The following two tabs change content below.
たかはしよしぴろ

たかはしよしぴろ

わりかし数理系のダンサー、たまに天文解説。ラテン語から近所の猫まで。新しいものが大好きなので飽きやすい。隠れ古代ギリシャ勢。飲み会はドトールか、モス。12000大好き打点派の天鳳IDぴろくまだが、あんまり勝てないので、最近は、カタンや宝石の煌めきに夢中。ただ、そこでも盗賊を押し付けられてる。いまなりたい職業は、ポプ子。
たかはしよしぴろ

先日、左目がふさがった。

たぶん、某クソアニメの見過ぎだと思う。

だいたい、Abema TVで週25回くらい見逃し放送をしているが、
そのうち、7~8回は見ている。

もう1つの理由は、細菌性の結膜炎とのことだったので、
ジャレド・ダイアモンド博士の番組を見始めたのも大きい。
彼の代表作「銃・病原菌・鉄」の中から、
ブラウン管(←いまどき?)を通じて病原菌の部分が移ったのだ。

あいさつが遅れてしまった。こんばんは、たかはしよしぴろです。
金曜日の日が沈む国(理科的に)に向けて、このブログを書きたいと思います。

さて、今回、初めてのブログということで、テーマの選定にもなやんだ。
最初のブログにふさわしい、いくつかの条件を考えた。

  1. そこそこに品性がある
  2. 最新の話題を取り入れている
  3. 自分に起こっている話題である

という、3要素のうち、

3. → 目ヤニで目がふさがった。
2. → クソアニメ流行り

で、3要素のうち、堂々の3分の2の圧倒的な支持を得て、
記念すべき、最初のブログタイトルは、
「目クソは鼻クソを笑えるか」というタイトルになった。

「目クソ、鼻クソを笑う」という広辞苑にも載っている格調高いことわざがある。
(実際には引いてないが、たぶんある。)

さて、似ているようなものではあるが、
違いを研究することが学問の第一歩であるし、一流芸能人への道である。

きっと、GACKTも、目クソと鼻クソの違いは何かを日々研究しているのである。

結論から言ってしまうと、目ヤニの方が強力である。
あっという間に片方の目が開けなくなくなる特殊攻撃なのである。
鼻は真綿で首を絞めるように、体にダメージを与えるが、(鼻に首の例えって変だな)
目ヤニは、何だか知らない間に相手の魔法使いの先制攻撃にやられてしまうような感じである。
(魔法使いには、台本にないモノマネをさせる攻撃が効果的らしい。)

今回は、眼科に行き、
左目と右目に(←うつった)目薬を差すことで、なんとかはなった。
今回は、このへんで勘弁してやろう。

さて、いきなりの病院送りカミングアウトから始まってしまったが、
とくにぼく自身は、病気がちと言うことはなく、

  • 小児ぜんそく
  • 強迫性障害
  • うつ病

を除いては、大した病気をしたことがない。

…が、ぼくとうちの母と2人同時に、病に伏したことがある。

  • 片方は皮膚ガン、もう一方は虫歯。
  • 片方は入院で、もう一方は日帰り通院。

どっちがどっちかお分かりだろうか?

もちろん、うちの母が、皮膚ガンの日帰り通院で、
ぼくが虫歯で入院する羽目となった。

2泊3日の入院である、下の親知らずは神経が通ってるので、
大病院にいかないと、抜けないそうだ。

局所麻酔ではあるが、手術後は自力で歩けないので、
病院内を救急病棟24時よろしく、ベッドごと搬送されることになった。

気持ちはよかったが、何人もの手を煩わせてしまい、
親知らず抜いただけなんです…の申し訳ない気持ちいっぱいである。

と、なんか最初から、地べたを這いずり泥水をすすってしまった感があるが、
そうなったからには、打ち切られてもまた戻って来たいと思ってブログをつづけよう。

今回、とんでもなく真面目な記事を書いてしまったが、
ホントは、そんな予定ではなかった。

とくに、目ヤニで目がふさがれる予定ではなかった。

しかし、先週土曜日から始まったこのブログで、金曜日は不利だ。
先にやりたい放題、やられてしまうからである。

さすがに月曜日のブログにはやられた。

「いきなり休載のお知らせ」だそうだ。
先手を打たれてしまった印象である。
まさか、いきなり、再放送みたいなことをやるわけにはいかないので、

ネタを真面目に考えなくてはいけない。
とりあえずは考えよう。

それでは、来週も、(人生)ドロップ♥ドロップ♥

【再放送】
(BGM)

たかはしよしぴろ

先日、左目がふさがった。

たぶん、某クソアニメの見過ぎだと思う。

だいたい、Abema TVで週25回くらい見逃し放送をしているが、
そのうち、7~8回は見ている。

もう1つの理由は、細菌性の結膜炎とのことだったので、
ジャレド・ダイアモンド博士の番組を見始めたのも大きい。
彼の代表作「銃・病原菌・鉄」の中から、
ブラウン管(←いまどき?)を通じて病原菌の部分が移ったのだ。

あいさつが遅れてしまった。こんばんは、たかはしよしぴろです。
金曜日の日が沈む国(理科的に)に向けて、このブログを書きたいと思います。

さて、今回、初めてのブログということで、テーマの選定にもなやんだ。
最初のブログにふさわしい、いくつかの条件を考えた。

  1. そこそこに品性がある
  2. 最新の話題を取り入れている
  3. 自分に起こっている話題である

という、3要素のうち、

3. → 目ヤニで目がふさがった。
2. → クソアニメ流行り

で、3要素のうち、堂々の3分の2の圧倒的な支持を得て、独裁政権、成立。
記念すべき、最初のブログタイトルは、
「目クソは鼻クソを笑えるか」というタイトルになった。

「目クソ、鼻クソを笑う」という大辞林にも載っている格調高いことわざがある。
(実際には引いてないが、たぶんある。)

さて、似ているようなものではあるが、
違いを研究することが学問の第一歩であるし、一流芸能人への道である。

きっと、GACKTも、目クソと鼻クソの違いは何かを日々研究しているのである。

結論から言ってしまうと、目ヤニの方が強力である。
あっという間に片方の目が開けなくなくなる特殊攻撃なのである。
鼻は真綿で首を絞めるように、体にダメージを与えるが、(鼻に首の例えって変だな)
目ヤニは、何だか知らない間に相手の魔法使いの先制攻撃にやられてしまったような感じである。
(魔法使いには、台本にないモノマネをさせる攻撃が効果的らしい。
また、勇者にも効果的らしい。)

今回は、眼科に行き、
左目と右目に(←うつった)目薬を差すことで、なんとかはなった。
次回は、タダでは置かないが、
今回は、このへんで勘弁してやろう。

さて、いきなりの病院送りカミングアウトから始まってしまったが、
とくにぼく自身は、病気がちと言うことはなく、

  • 小児ぜんそく
  • 強迫性障害
  • うつ病

を除いては、大した病気をしたことがない。

…が、ぼくとうちの母と2人同時に、病に伏したことがある。

  • 片方は皮膚ガン、もう一方は虫歯。
  • 片方は入院で、もう一方は日帰り通院。

どっちがどっちかお分かりだろうか?

もちろん、うちの母が、皮膚ガンの日帰り通院で、
ぼくが虫歯で入院する羽目となった。

2泊3日の入院である、下の親知らずは神経が通ってるので、
大病院にいかないと、抜けないそうだ。

局所麻酔ではあるが、手術後は自力で歩けないので、
病院内を救急病棟24時よろしく、ベッドごと搬送されることになった。

気持ちはよかったが、何人もの手を煩わせてしまい、
親知らず抜いただけなんです…の申し訳ない気持ちいっぱいである。

と、なんか最初から、地べたを這いずり泥水をすすってしまった感があるが、
そうなったからには、打ち切られてもまた戻って来たいと思ってブログをつづけよう。

今回、とんでもなく真面目な記事を書いてしまったが、
ホントは、そんな予定ではなかった。

とくに、目ヤニで目がふさがれる予定ではなかった。

しかし、先週土曜日から始まったこのブログで、金曜日は不利だ。
先にやりたい放題、やられてしまうからである。

さすがに月曜日のブログにはやられた。

「いきなり休載のお知らせ」だそうだ。
先手を打たれてしまった印象である。
まさか、いきなり、再放送みたいなことをやるわけにはいかないので、

ネタを真面目に考えなくてはいけない。
とりあえずは考えよう。

それでは、来週も、(財布をバス車内に)ドロップ♥ドロップ♥

スポンサーリンク