散歩の話

散歩が好きです。

見知らぬ場所を、ふらふらと歩くのが好きです。

都会でも田舎でも、国内でも海外でも、海沿いでも山の中でも、どこを散歩するのも好きです。

目新しい風景を楽しむのも、あてどもなく空想するのも、そこに流れる雰囲気を感じるのも好きです。

 

旅行と旅

どこかに行くときでも、事前に巡る場所の予定を立てたりするより、行き当たりばったりで出かける方が好きです。

以前曹洞宗のお寺に座禅しに行ったとき、和尚さんから旅と旅行の違いについて聞かされました。

旅行は目的をもって行うものであり、旅はあてどもなくするものであるとのことでした。

前者は修行に通じるものがあり自己を成長させる行いだが、後者はただ無為に時間を浪費するだけである、といったことを言っていました。

曹洞宗には日常生活が修行であるみたいな教えがあった気もしますし、夜のお寺の中で威厳のある和尚さんの発言という環境もあり、なるほど確かにと感じました。

それと同時に、私はそれでも旅の方が好みに合っているなあと思った記憶があります。

 

散歩と自由

おそらく自由な感じが好きなのだと思います。

私は自由を感じるとき、精神的充足を感じるのです。

中学生の時、夜のピクニックという本を読みました。

ただ歩くことの中で、青春していく。

その姿に強く惹かれたことを覚えています。

この物語において歩くことはあくまで舞台であり、主軸のストーリーとしては人間関係が展開されています。

しかし、このストーリーが普通に学校内で展開されていたら、割と平凡な作品として終わっていたと思います。

 

移動手段

一方で、自転車も好きだったりします。

乗らないですが、バイクも好きです。

これらは移動手段としては歩くことと共通していますが、私にとっては副次的側面での目的が違います。

自転車には体を動かしている爽やかさが多く加わり、バイクにはスイスイ進んでいく爽快さが多く加わります。

今後ともなるべく一つの行為にこだわらず、広い関心を向けていきたいです。

 

アンギャマン

先日偶然、アンギャマンという方が運営するスカラムーシュというサイトを見つけました。

日本各地を野宿しながら歩いた経験を漫画にしているのですが、野宿も散歩も漫画も好きな私はハマりました。

(元?)ニートが周りの人に感謝しつつひとりで成し遂げていく姿は共感を覚えます。

また、食べることをやめたいといった意見には同意です。

お金がないので金銭的な応援はできないですが、頑張って欲しいです。

ついでにこれは散歩とまったく関係ないのですが、ありんとこというサイトの「NEW」という漫画も、最近見つけた中ではおすすめです。

 

最後に

筋トレする人に悪い奴はいない、みたいな一文をたまに見ます。

これと同じく、散歩する人に悪い奴はいない、と言えるのではないでしょうか。

まあこれは、同種の人間は気の合う確率が高いというだけな気もしますが。

スポンサーリンク